ご安全に、ご安全に

あっという間に2月じゃないか。

お試し移住のつもりで福島県に来て、正式に仕事を始めたのが2014年の2月1日だったから、丸3年が過ぎたわけだ。(下の写真は3年前の津波被災地で撮影したもの。今ではガレキ類はすっかり片付いている)

dsc_0482-2

最初の年の秋ごろ、親友のWさんが自分の家族とご両親まで連れて遊びにきてくれたのだが、そのときそのお父さんに「3年は暮らしてみなさいよ」と言われたのを覚えている。当時は1年ちょっとで東京に帰るつもりだったから、「いやぁ、どうですかねえ」などと適当な返事をしたのだが、気がつけばお父さんの助言どおりになっている。

思えば遠くへ来たもんだ。物理的な距離じゃなくて、仕事、暮らし、そういうもの。

先月の終わりに、あのイチエフを視察する機会があった。といっても、イチエフという言葉は福島県外でどれだけ一般的なんだろう。福島第一原発のことだと、みなすぐわかるんだろうか?そんな感覚まで鈍くなってしまった。

ま、いいや。

事前に「福島第一原発廃炉図鑑」という本を読んでいったこともあり、実際にイチエフを見てみた感想は、予想以上でも以下でもなかった。感心したのは構内に入る際のチェックの厳しさだ。もちろん通りすがりで見学はできない。事前登録した氏名と身分証明書を突き合わせ、暗証番号を押してゲートを通過し、さらに空港のような金属検知器も通過する。

イチエフの中では「ご安全に」というのが挨拶だと本に書いてあったが、私たちも敷地内をめぐる視察バスに乗り込む際に、そういって送り出された。「ご安全に」に返す言葉は「ありがとう」だろうか?用法としては「ごきげんよう」と同じ気がするから、返礼も「ご安全に」でいいのか?

まあそれもどうでもよろしい。

車窓から見学する限り、今はもうタイベックススーツとか全面マスクとかは必要ない。線量計とともに支給されるのは、手袋と靴カバーだけだ。50分ほどの見学を終えて、被ばく線量はガンマ線0.01mSvで、歯のレントゲン1回と同じ。

現在のイチエフには1日平均4~5組の視察がくるという。当然、専門の対応チームが組織されていた。視察中構内の写真撮影は禁止だが、アテンドしてくれる東電のスタッフがちゃんと要所要所で撮影し、後でワンセット送ってくれる(下の1号機2号機の写真はその中の2枚)。視察の受け入れは東電にしてもかなりのリソースを必要とするんだろうが、彼らにとって今それを惜しむことは許されない。

img_5045 img_5049

それでもイチエフ廃炉のニュースが福島県外で流れることは、もう頻繁にはないのだろう。原発事故被災地の人たちからすれば、けしからん、風化しているという話なのだが、客観的に見れば米軍基地のニュースが沖縄県外でほとんど報道されないのと同じことだ。

いちおう「復興支援」という名目で、私が被災自治体の手伝いを始めて3年たった。日々の役場仕事というミクロで見れば、それなりに役に立ったことはあるんだろう(と思いたい)。が、被災者の心の復興というマクロの状況は、3年前とどれだけ変わってるだろうか。

友人のお父さんが「3年やってみろ」といったのは、「石の上にも3年」という意味だったのかどうか。


移住生活 ブログランキングへ

リピートあそばせ、ふくしま

3連休は東京から友人2人が遊びに来てくれた。1泊目は土湯温泉、2泊目は我が家にホームステイ。あいにくの雨模様だったが、女3人集まればどんな天気でもノー問題である。

received_10210429027791220.jpeg

どこに連れて行こうかと迷った結果、やはり磐梯吾妻スカイラインのドライブ~浄土平~五色沼という定番コースに落ち着く。そこにカフェめぐり・温泉めぐり・産直めぐりをプラスして、ツアープランナーとして我ながら充実の3日間になった。

福島県の場合、こういう観光資源はどうしても中通り(ざっくり新幹線の沿線)から西側、会津方面に集中している。逆の東側、あぶくま山地から浜通り方面は、どうもイマイチなのだ。アクセスが悪いというのもあるが、せっかくの休みにわざわざ来てくれた客をぜひ連れて行きたい、と思う場所が見当たらない。アクアマリンとかハワイアンズとかの大型施設があり、温泉もあるいわき市は別として、そこから北の海沿いは、観光資源的には元々たいへん地味なのである。89d427ca375bd8abea276f318a37d5ff

今、あえて言えば「福島第一原発」というスポットがある。周辺は5年半以上も避難指示が継続中という「非日常空間」だ。が、ここを観光資源とみなせるようになるまでには、まだだいぶ時間がかかるだろう。

もちろん友人は、私がそういう被災自治体の手伝いをしていることは知っている。彼らが原発事故のその後に興味があったり、被災地の様子を見たい、と言えば、避難区域を含めて喜んで案内するつもりであったが、そういうリクエストがないのに連れていく場所ではなかろう。

でも、我が家の本棚にあるフクシマ関係の本に興味を持って借りていったKさんが、次に来てくれるときには、避難指示が解除されたての町や村をめぐる旅もアリかもしれない。もう一人、全国を旅慣れているMさんも中通りの自然の豊かさに感動していたので、次回は気候も産物も違う浜通りを体験したいと思ってくれるかもしれない。

そういう意味でも、福島県全体の観光はリピーター狙いが正しいのだろう。観光地とは別の、土地の豊かさというのは、一度訪れるとじわじわと感じるものだ。実際、原発事故前まで福島は、移住希望地ランキングで長野県とトップを争っていたそうである。それどころか、事故後も2014年までは4位をキープしていたんだね(ふるさと回帰支援センターのまとめ)。踏みとどまった理由としては、会津方面の人気が根強いため、とある。

%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e5%9b%9e%e5%b8%b0%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf

それが2015年はいきなり16位にダウン。この年、特に2030代の移住相談件数が飛躍的に伸びたんだそうで、その結果がこれだとすれば、やはり原発事故の影響なのか、あるいは若い世代が会津に興味を示さないのか

それならいっそ40代以上に的を絞ってはどうだろう?今回の女3人旅も平均年齢は50歳。きっとリピートしてくれると思うのだが。

一日一初(2)初めての共同浴場

初めてのヨガクラスの後に向かったのは、飯坂温泉だ。今の住まいから最寄りの温泉といえばここ。すでに何度も訪れている。共同浴場がいくつか点在しているが、いつも利用するのはそのうちの一つ、波来湯(はこゆ)だ。他が200円なのに比べてここは300円と少し高いが、設備が比較的新しいのと、熱い湯とぬるめの湯と2つ湯船があるので、熱すぎて入れないから水で薄めようとして地元の人に怒られなくて済む。

でもこの日は、「初めて」のことをするため、切湯という別の共同浴場へ。川に向かって階段を下りる途中に券売機がある。200円券を買って隣の窓口のおばちゃんに渡し、さらに下へ。だんだんお湯の匂いがしてくる。いいねいいね。女湯の扉をガラッとあけたら、こぢんまりした脱衣場には誰もいない。その先のこぢんまりした浴場にも誰もいない。どころか…何もない(笑)。シャワーはおろか蛇口もない。あるものは51度の源泉かけ流し、アツアツの湯をたたえた湯船のみ!やはり200円と300円の差には意味があるのだった。

DSC_0295

とはいえさすがに湯桶とイスは1つあったので、ちゃんと身体は洗えたが、問題は湯の温度である。二本松に住んでいたころの御用達だった岳温泉もかなり熱いので、相当鍛えられたつもりではあったが、ここの水温計は45度を超えている。熱すぎ。他に誰もいないのを幸い、大量の水を入れて(そのための蛇口とホースはついてる)42度まで下げてやっと気持ちよくお風呂に入れた。

脱衣場にはもちろんドライヤーなどはない。いまは夏だし、髪の毛も短いし、私は気にせず濡れ髪のまま外に出たが、ロングヘアの若い女子にはちょっと向かないであろう共同浴場であった。さて、次回はどの共同湯にしようかな。(飯坂温泉オフィシャルサイト共同浴場ページ

出てしばらく行くと、川沿いにささやかな遊歩道があることを発見。汗が引くまで気持ちよく木陰をぶらぶら歩いたが、終点近くに旅館のゴミ置き場があって興ざめ。ありがちな詰めの甘さが残念だった。

これでこの日の「一日一初」はおしまい。2日目につづく)

今日は放射線量の話をしよう

今の私のマンションの郵便受けには毎月、福島市の「市政だより」が届く(まだ2回しかもらってないけど)。先月号には「放射線対策ニュース」と「全市放射線量測定マップ」というのが折り込まれていた。それによると、このマンション付近の空間放射線量は現在、およそ0.1マイクロシーベルト毎時だそうだ。事故直後(20116月)の測定では1.1マイクロ以上あったらしいから、10分の1以下になったわけだ。福島市全体の平均も1.330.25へと8割以上減衰した、とある。

DSC_0198

こんな数字を並べられても、おそらく県外の大多数の人は「?」じゃないかと思う。0.1というのは多いのか少ないのか?そもそも「マイクロシーベルト毎時」って何なのよ?ベクレルっていうのはまた別物なのか??etc.

幸か不幸か、この手の知識は多くの福島県民にとって「常識」の範疇になっている。沖縄に行くと、米軍基地の話が地元メディアに載らない日はないのと同様、福島第一と放射線関係の話は、福島県内では日常の情報だ。ローカルテレビでは、天気予報の後に「続いて今日の各地の放射線量です」というコーナーがあるし、地元紙にも県内各地の放射線量が毎日掲載される。

DSC_0113

原発事故で放射能汚染されてしまったところをきれいにする作業が、除染だ。除染は、強制避難になっている(いた)11市町村では環境省、つまり国がやるが、そうでないところは各自治体がやることになっている。原発から50キロ以上離れた中通り地にも、当時の風向きの関係で結構な量の放射性物質が降り注いでしまったので、我が福島市でも市による除染が進行中だ。上の写真のとおり、市内には「除染作業中」の看板がちらほら立っている。この除染の効果と自然減衰とで、上述のとおり放射線量は5年でかなり減ってきてはいる。

それでもまだ事故前の平均0.037~0.046よりも高いのは事実。そのレベルまで原状回復してほしいという当然の心情にどう答えるか、という問題と、現在の0.1とか0.2とかいう数字が危険(健康被害が起きる可能性がある)かどうかの判断は別の問題である。長期低線量被ばくの健康リスクについては、専門家といわれる人々の間でも意見が違うので、そもそも「客観的な判断」というものが難しい。同じようなエリアに住んでいても、個人の生活パターンとかによっても被ばく量は違ってくるから、一概にあそこは危険でここは大丈夫とか言えない。そこがまことに厄介なところで、ここでは詳しく触れないけれども、ともかく私自身はいま危険とは感じていない。

さて、除染してきれいになるのはいいが、それが進めば進むほど溜まっていくものがある。除染というのは結局、枝を落としたり土を剥いだりするので、大量のゴミが出る。この「除染廃棄物」が、いわゆるフレコンパックという黒い袋に詰められて各地に積みあがっているのだ。放射性物質を含んでるので、当然ふつうに焼却したりできない。福島市中心部はいちおう都会(=土や木が少なめ)なので、廃棄物も相対的に少ないはずと思うのだが、ふと気づくと「おお、こんなところに」という場所に廃棄物の仮置き場があったりする。(下の写真:公園の向こう、フレコンパックの山に緑のシートをかぶせた仮置き場が見える。その脇にも必ず線量モニターがついている。)

DSC_0125

第一原発のある双葉町・大熊町に「中間貯蔵施設」というものを作って、県内各地のこういう仮置き場から廃棄物を集める計画になっているのだが、これも一筋縄では全然いかない。

福島市のように原発からは遠く、地震被害の物理的な復旧はとっくに終えて、いまでは何事もなかったかのように見える場所でも、ときどき見かける除染の看板とフレコンパックの山は、ここが原発事故被災地なのだと思い出させてくれる。冒頭で紹介したような数字はしょせん数字。観念でしかないが、除染廃棄物という「事故の遺物」は視覚を通して圧倒的な質量で迫ってくる(上の写真の仮置き場などはまだかわいい方で、避難区域にいけばもっと圧倒的だ)。

もちろん、そのやるせなさを上回る快適さがあるから、私はいまここに暮らしているのだけどね。

ふくしまホリデーの過ごし方

ゴールデンウィークは少々散財したので、最終日はサイクリング+図書館の一日に。久々にしんじ君2号(自転車)の出番だ。

県庁所在地・福島市には、県立の施設がたくさんある。県立図書館と県立美術館(つながってる)は、我が家から自転車で15分ほど。後ろに信夫山(しのぶやま)をひかえたこの場所は、なんとなくいい「気」が漂っている感じで、私の好きな場所だ。山といっても標高275メートルの「丘」みたいなものだが、街の真ん中にこれがあることで福島市街全体の雰囲気が落ち着いたものになっている気がする。

DSC_0200

先日、家の近くにこれまた落ち着く雰囲気のカフェを発見したのだが、そのオーナーさんいわく、福島市中心部に公園が作られないのは、この信夫山があるからいいじゃん、という理由なんだとかたしかに街中に緑地は少ないが、駅から20分も歩けば気持ちのいい河川敷に出るし(下の写真)、そのそばには田んぼや畑が広がっている。べつに整備された公園がなくてもいいんじゃないかしらん?

DSC_0199

ちなみに東日本大震災のとき、県立図書館のほうは屋根の一部が落ちたりガラスが割れたりなどの被害があったが、隣の美術館はほとんど無傷だったそうだ。同じ建築家が設計したにもかかわらず、守るべき収蔵品の価値によって作り方が違ったんですよねー、というのもそのオーナーさん情報。

この日、美術館はフェルメール展の最終日とかで混雑していたが、隣の図書館の方はいつものようにゆったりしていた。ソファーに陣取って2時間、スピノザの解説本を1冊読破し、帰りにはパラレル宇宙のハードカバーを1冊借り出し。これ、全部タダだ。いや全部税金なんだけども、なんだかたいへん有難く思える。実は最近まで、私にとって本は買うものであり借りるものではなかったのだが、地方移住で節約を考えるなら、こういう公共のアセットを利用しない手はない。

ただ、原則2週間が返却期限だから、ハードカバーなんか借りたら急いで読まなきゃいけない。ブログ書いてる場合じゃないぞー。