水道料金がぜんぜん違う件について

4月に福島市にある今の分譲マンションに引っ越してから、上下水道料金が管理費といっしょに請求されるようになった。区分所有建物にはいくつか住んだことがあるが、この方式は初めてだ。聞いたときはへえーと思ったが、福島ではわりと普通らしい。

その料金、最初は大して気に留めていなかったが、先月の明細をよくよく見ると、「水道料6,346円」とある。

ちょっとまて。2ヶ月に一度の請求と言っても、ひと月3千円以上かかっているのか?

それまで住んでいた二本松市の水道料金は、ひと月決まって1,350円だった。東京に住んでたときだって、ほぼ定額の1,870円。おひとりさまの水の使用量などたかが知れていて、いくら使っても節約しても同じ「最低料金」なのだと勝手に思っていた。これを機会にちょっと調べてみると、あらまあ、実は最低料金などというものはないらしい。

水道事業は、自治体の一般会計とは別で受益者負担・独立採算制なんだそうだ。これも恥ずかしながら東京にいるときは知らなかった。だって、「うちは井戸水使ってるから水道料金払ってない」という人は周りにいなかったし。(今はいる)

受益者負担・独立採算なのであれば、加入してる世帯数とか、どこから水を引っ張ってくるかとかで料金が結構変わってくるのは、ある意味当然、というか仕方ないんだろう。おひとりさまサイズの場合(13㎜口径、10㎥以下)だと、二本松市二本松地区では基本料金が950円、水量料金が65.88円/㎥。対する福島市は、同1250円、84円/㎥。ざっと3割増しである。ついでに東京都水道局のホームページも見てみると23区ではなんと同860円、22円/㎥。

東京ってこんなに安かったのか・・・ こういうとき人が多いっていいね、と思ってしまうが、二本松市(5万5千)と福島市(29万)の人口を比べれば、必ずしも加入者数が多いほど安いということでもなさそうだ。

福島市に引っ越して住まいの面積が多少大きくなり、バスタブも若干大きくなった。友人を招けるようになって宴会が増え、使用水量も多少は増えたんであろうが、この値上がり具合は想定外であった。

といっても福島市だけが全国で突出して高いわけではないらしい。あらためて、「生活ガイド」という比較サイトで見てみると、安い方から数えて1146市町村中1097位。やっぱりかなり高い方ではあるが、上には上がある。これまで何回も引っ越ししてきたが、ずっと23区内だったから気づかなかっただけで、住む地域によって水道料金こんなに違うんだと、50年以上生きてきて初めて知った。住民税率の差など、これに比べれば微々たるものである。

この水道料金しかり、冬場の暖房費しかり、車にかかる経費もしかり。地方は東京に比べて生活コストが安いというのは、必ずしも正しくないのだ。

ふくしまホリデーの過ごし方

ゴールデンウィークは少々散財したので、最終日はサイクリング+図書館の一日に。久々にしんじ君2号(自転車)の出番だ。

県庁所在地・福島市には、県立の施設がたくさんある。県立図書館と県立美術館(つながってる)は、我が家から自転車で15分ほど。後ろに信夫山(しのぶやま)をひかえたこの場所は、なんとなくいい「気」が漂っている感じで、私の好きな場所だ。山といっても標高275メートルの「丘」みたいなものだが、街の真ん中にこれがあることで福島市街全体の雰囲気が落ち着いたものになっている気がする。

DSC_0200

先日、家の近くにこれまた落ち着く雰囲気のカフェを発見したのだが、そのオーナーさんいわく、福島市中心部に公園が作られないのは、この信夫山があるからいいじゃん、という理由なんだとかたしかに街中に緑地は少ないが、駅から20分も歩けば気持ちのいい河川敷に出るし(下の写真)、そのそばには田んぼや畑が広がっている。べつに整備された公園がなくてもいいんじゃないかしらん?

DSC_0199

ちなみに東日本大震災のとき、県立図書館のほうは屋根の一部が落ちたりガラスが割れたりなどの被害があったが、隣の美術館はほとんど無傷だったそうだ。同じ建築家が設計したにもかかわらず、守るべき収蔵品の価値によって作り方が違ったんですよねー、というのもそのオーナーさん情報。

この日、美術館はフェルメール展の最終日とかで混雑していたが、隣の図書館の方はいつものようにゆったりしていた。ソファーに陣取って2時間、スピノザの解説本を1冊読破し、帰りにはパラレル宇宙のハードカバーを1冊借り出し。これ、全部タダだ。いや全部税金なんだけども、なんだかたいへん有難く思える。実は最近まで、私にとって本は買うものであり借りるものではなかったのだが、地方移住で節約を考えるなら、こういう公共のアセットを利用しない手はない。

ただ、原則2週間が返却期限だから、ハードカバーなんか借りたら急いで読まなきゃいけない。ブログ書いてる場合じゃないぞー。

考察:福島県とハイブリッド

しんじ君がまた入院した。こないだ車検を通したばかりなのに、今度はミッションオイルが漏れているというので、なんとかしてくれと車屋さんに預けてある。年末に一度ぶつけられてしまったのは仕方ないが、その前にも給油ハッチがあかなくなったり、マフラーが折れたりして、この2年間そこそこ入院代がかかっている。ミニマリズムのしんじ君は私の身の丈に合った大のお気に入りで、次の車検まではぜひ乗りたいと思っていたが、今回の故障はそろそろ買い替え時のサインかもしれない。当初の想定外の福島移住、次は長く乗るつもりでもう少し自動車らしい自動車にすべきか…

しんじ君そう思って周りの車を改めて観察してみると、このあたりはハイブリッド車がなんだかとても多いように思う。ハイブリッドっていつの間にそんなに普及したのかと、自検協さんのサイトに載ってる統計(保有台数)から計算してみると、20153月末現在で全国のハイブリッド車の普及率は… 

あら?5.8パーセント?乗用車に限っても7.7パーセント?それでもこの数年で倍増してるみたいだが、案外少ない。しかし私の感覚では、福島県内(少なくとも私がウロウロしている中通り地方)では絶対にもっと高いと思う。都道府県別のデータが見つからないので正確なところはわからないが、感覚的には2~3割はハイブリッドが走ってる気がする。

もし福島県のハイブリッド普及率が他県より本当に高いとすれば、おそらくそれは東日本大震災と原発事故を経験したからじゃないかと思う。当時、被災地はどこもガソリンが品薄になった話、特に原発被災地ではいろんな物資の搬入が途絶えてしまった話、みなさんは記憶しているだろうか。車社会では、ガソリンがなくては動けない。逃げられない。モノが運べない。まさに「いのちの水」なのだ。(もちろん東京など大都市圏でも、ガソリンがなければ少なくとも末端への物流は途絶えるから、長引けば死活問題なのは同じだが。)

当時ガソリンが枯渇したのは、緊急避難を余儀なくされた原発至近の地域だけではない。先月私が引っ越してきた福島市でも、わずかな量を買うため徹夜でスタンドに並んだという話を聞く。そういう経験をした福島では、少ないガソリンでたくさん走るハイブリッド車の普及率が全国平均より高くてもおかしくないんじゃないかな。普通の車でも、メーターが半分を切ったらすぐに給油する習慣になったという人は多いし、ポリ容器に入れた少量のガソリンを常に積んで走っているという人も、実際にいる。

ちなみに、電気自動車となるとハイブリッドよりもさらに普及率は低い(3桁少ない)が、それでも震災後の5年間で実に376倍(20103月末141台→20153月末52,600台)になっている(上述のサイトより)。これからの時代、やっぱり2代目しんじ君はガソリンレスかしら?

しかし引越しでなにかと物入りなところ、短期経済的には初代にもう少しがんばってもらいたいのだが…(写真は2年前、私のもとに来たばかりのしんじ君)

福島のマンションにあって東京のマンションにないもの

しんじ君(12歳)の車検がやってきた。ツルツルになってしまったノーマルタイヤを新調して履き替え、諸々パーツを取り替えて、しめて16万円也。自動車がなくてはならない地方暮らしになったのだから必要なコストではあるが、自動車税、保険、それに駐車場代もろもろ合わせて割り戻すと、月に2万ほどかかる計算だ。高いなあ。

19歳で免許をとったときは、まだ神奈川県の実家にいた。3歳下の弟も免許をとったとき、2人共用として親に新車を買ってもらい(今から考えれば超ゼイタク)、用もないのによく湘南あたりへドライブしたものだ。しかし当時は車検費用を弟と折半した記憶はないから、おそらく親が払ってくれていたのだろう。父さん母さんアリガトウゴザイマスm(__)m

さて、ノーマルタイヤは新品になったが、3シーズン乗った冬タイヤはどうしよう。買った当時は1年少々の福島滞在予定だったのに、まさかの3シーズン。普通はそろそろお取替えらしいが、私は通勤距離が短いこともあり、ゴムもまだ固くなっていないのであと1シーズンはなんとか行けると言われた。よかった。これで来年の秋までしんじ君は活躍できる!

DSC_0030

ちなみに、このようにシーズンでタイヤを履き替えるとなると、使っていない間のタイヤの保管場所が必要となる。そこで、福島の集合住宅には、賃貸でも分譲でも必ずタイヤ置き場がついている。移住前、賃貸物件を下見に来たとき、単身者向けなのに物置までついてるなんてすごいな、みんな何を入れるんだろ?と思ったのだが、タイヤでした。

で、このタイヤが結構重たい。極小しんじ君のタイヤでもホイールとあわせて110キロ以上ある。ふつうの物置ならいいのだが、こんど引っ越したマンションは3段ベッド式のタイヤ置き場で、たまたま私の割り当ては最上段。おひとりさまはもちろん全部自分で出し入れしなきゃならない。まあまあ力はある方なので、肩から上へはヘディング技術も使って無事収納したが、高齢者なら真剣に困ると思う。歳とって自分で上げ下ろしできなくなったら、そうだねえ、車に積んだままにしておくか(笑)

(写真はそのタイヤ置き場。最上段のしんじ君のタイヤはなんだかやたら小さく見える(笑)ちなみに雪かき道具も共用倉庫に必須のお道具。)

靴を脱いで上がる店が多い件について

昨日は、こちらに来てから知り合った郡山ネイティブのお友達とランチ。二本松まで来てくれたので、近所(車で20分は近所です)のお気に入りのうどん屋さんとカフェをはしごした。どちらもメインの国道から岳温泉に向かって山の方へ向かう道沿いにある。この道は木々に囲まれてなかなかすてきな雰囲気の飲食店が点在していて、一説には『あだたら高原グルメロード』と呼ばれているらしい。種類は、そば屋、うどん屋、パン屋、ピザ屋、カレー屋など。どうも「屋」をつけてしまうと「グルメ」という響きと相いれないものになってしまうが、程度の差こそあれ、どの店もそれなりのコダワリ10277818_10203654592274566_1847180232774242930_nをもってやっているようである。

現在のマイタウン二本松市近辺の飲食店は、駅前の一部を除いてたいていが一軒家だ。この「グルメロード」のお店たちのように、少し山の方に行けばオーナーさんの住居を兼ねてるらしいお店も少なくなく、お宅に上がる感じで靴を脱いで入る。座敷で窓外の緑(いまは茶色)を眺めながらまったりしていると、ああこんなところが近所にあって幸せ、移住してよかった、とか思ってしまうわけだ。それが友人とのおしゃべり付きならもっと良し。

ちなみに、靴を脱ぐといえば、こちらでは町中の居酒屋でも入り口で全員靴を脱がされるところが多いような気がする。そして通される先はたいてい座敷なのだが、掘りごたつ式に出会える確率はかなり低い。私は、休みの日はともかく、平日の仕事着としては下半身が隠れる長めのスカートを愛用してきたため、この座敷での宴席が結構つらい。先週は庁外の人たちと懇親会だったのだが、うっかりタイト気味の長スカートで臨んでしまった。いい気になって普段あまり食べない動物性たんぱく質を食べすぎ、途中からお腹がおかしくなったこともあり、畳の上に横座りしているのはかなりしんどかった。最後は初対面の人々を前にかなりしどけない姿になってしまったのだが、なんとも仕方ない。

長いスカートは、実は車の乗り降りにもけっこう邪魔なので、東京仕様のワードローブを、そろそろパンツ中心の福島仕様に転換すべきなのはわかっている。が、そのためにはまず脚を一回り細くせねばならない。グルメロードをはしごしたらその分運動!すればよいのだけども、この寒い時期はどうもねー。ジムとかヨガスタジオとか、そういうものは近所にないし。100%理想的な環境というのは、なかなか難しいもんだ…