走ってみようぜ、私

先週、東京では観測史上初の11月の積雪となったそうだが、私の住む福島市街地では幸い雪はほとんど降らなかった。

福島市街地は盆地なので夏は暑く冬は寒いと言われる。今年の春に二本松から引っ越したとき、福島市の夏は熱風が吹くぞなどと脅されてシーズンを迎えたが、東京都心で8年間クーラー無しの生活をしたことがある私に言わせれば、あんなのは暑いうちに入らない。いたって快適であった。

こんどは福島市の冬は雪が多いぞと脅されているが、約3年前に東京から二本松へ引っ越してすぐ、地元の人が30年ぶりと驚いたドカ雪を経験しているので、なんだかもう怖いものはない(ような気がする)。

DSC_0678そして盆地なだけに、福島市街地はフラットで坂がほとんどない。坂だらけの二本松ではほとんど出番のなかったしんじ君2号(自転車)も、ここでは駅の向こうのショッピングセンターへ、図書館へと、けっこう活躍している。用事を足すだけでなく、運動がてら、市内を流れる荒川河川敷のサイクリングもなかなかよい。

そう、福島にも荒川という一級河川があるのだ。東京の荒川というと正直いってあまり清涼なイメージはないが(すいません)、福島のはたいへんキレイである。ちゃんと裏付けがあって、国土交通省河川ランキングなるものによると、荒川は6年連続、東北地方で「平均的な水質が最も良好な河川」なんだそうだ(2015年の資料)。2007年には日本一にもなったらしい。

河川敷はずっとサイクリング&ジョギングコースになっていて、上流に向かっていくと水源である吾妻連峰が行く手にそびえ、まことに美しい。下の写真(夏に撮影)のとおり、まさに「走ってください」と言わんばかり、全国のランナー垂涎のコースじゃないかと思うのだが、残念なことに実際に走っている人は休みの日でもほとんど見かけない。福島県は陸上競技が盛んと聞いているが、一般人は大して関心がないのか。

DSC_0199

かくいう私も、半分フリーになって時間ができたら30代のマイブームだったジョギングを復活させようと思っていたのだが、どうも腰が重くていかん。

12月に入れば福島も雪の降る日が増えるだろう。雪が積もったらジョギングもサイクリングもお預けになる。その前に一度くらい、この眺めを独占しながら走ってみようぜ、私。

あなたはお医者さんを信じますか

先週の話。脚の筋肉をいためて、寝られないほど痛くなってしまったので、医者にいった。これまで大した病気もケガもしたことなく、めったにお医者さんの世話にならないのが自慢であった。が、あんまり痛い場合はしかたない。

イナカにいくと病院のチョイスは限られる、と思うかもしれないが、ちょいイナカのこの辺では、ふつうの町医者ならどの診療科もそれなりの数ちゃんとある。今回はネットで調べた近所の整形外科にいったら、その場でMRI検査までできたのでけっこう感心した。入院や手術までできる病院、いわゆる二次医療機関も、車で10分圏内にいくつかある。実はこちらに来て初めて一次医療圏、二次医療圏という言葉を知ったのだが、イナカ度合によっては、この二次医療機関まで1時間以上というところはあるだろうね。

DSC_1528原発事故で国の避難指示が出てる地域の住民は、指示が解除されたら帰るかどうかという質問に対し、「近くに医療機関がないと不安で帰れない」という。若い人にはピンとこないかもしれないが、五十の声を聴くころになると、健康なつもりでも少しずつ身体が変調してきて、お医者さんはじわじわとありがたい存在になってくるのだ。もっと歳を重ねて多少やっかいな病気にかかる率も高くなれば、「大きな病院」が近くにあるに越したことはない。

世の中には、西洋医学を否定して自然療法とか代替医療をアツくお勧めする人たちもいる。ことガンに関しては、外来でなく自分の細胞が変化したものだから、食べ物(あるいは絶食)で治せるのは理論としては理解できる。私もどちらかといえば西洋医学を否定する、というより「限界を感じる派」だが、本当に痛い苦しいとなると、やっぱり薬や外科治療に頼るような気がする。この春、母が大病して非常に苦しみ、4か月半も病院のお世話になったが、何本ものチューブを身体に突っ込んで、あの瀕死の状態から生還させてくれた西洋医学は、結果としてはまったくスゴイものだと言わざるを得ない。

チューブを突っ込んで助けてくれるような医者がいない本当の「イナカ」に暮らすなら、食養生と薬草のお手当をマスターするのはもちろん、身体の痛み苦しみを超越できる精神修養が必要なんだな、と思う今日この頃である。

それにしても、お薬ちょっと出しすぎじゃないかなあ…たしかにかなり痛かったのだけど…(写真は処方された1週間分のお薬。飲んで貼っておかげさまで無事治りました。ありがたいけど使い残しがたっぷり)

歩け歩け歩け

DSC_1059万歩計をわざわざ買うほど気にはしてないが、携帯についてる歩数表示はチラ見している。

東京では平日は7,000~8,000歩だった。携帯を携帯してないときの歩数がどのくらいか不明だが、オフィスと家の中でプラス1,000歩はいくんじゃないかしらん。厚労省の国民健康・栄養調査(2010年)では、東京都の女性の平均が6,949歩だったらしいから、まあ平均ちょい上くらいか。

ところが、福島に来て車生活になったら、同じ歩数計が下手すると3桁なのである。昼休みにがんばって2キロ20分ほど散歩に出るようにしてるのだが、それでも4,000歩にも届かない。取材とかで1日外出したとしても、やっぱり移動は車なのでせいぜい6,000歩どまり。今日は1日デスクワーク、散歩にも出られなかったので、今見たらなんと306歩!

イナカはどこに行くにも車だから歩かないよね。こっちの人みんなそんなもんじゃない?と思って上記の調査で福島県女性の平均を見ると… 6,417歩?東京と500歩しか違わないの?一瞬ホントかいなと思ったが、これは第一次産業従事者が全体平均を押し上げてるんじゃないかと気づいた。だからね、やっぱり農作業は運動としても重要なのだ。私の農家の弟子入り計画は諸般の事情でペンディングになっているが、健康のためにも、食料自給率アップのためにも、近いうちにぜひ実現したい。(写真は、お昼の散歩コース途中の紅葉)

遊歩道事情

DSC_1517現在のマイタウン二本松には、遊歩道がいくつかあるので、天気のいい休日は普段の運動不足解消がてら歩きにでかける。

今日のコースは片道4キロ、40分少々で、見晴らしの良いコーヒー屋さん(カフェではない)に到着する。スタバとは違うコーヒーらしいコーヒーをいただきながら、お城山の天守閣なんかを眺めてしばし休憩。そしてまたプラプラと、もと来た道を帰る。

この遊歩道、ちゃんとサイクリング道とウォーキング道と分かれているが、自転車にはお目にかかったことがない。ごくたまにすれ違う人はたいてい、アップダウンの少ないサイクリング道のほうを歩いている(ちなみに東京23区で遊歩道といえば、たいていフタした川の上なので平坦だが、こちらの遊歩道は丘歩きである)。これだって維持管理にはけっこうお金がかかってるはずだ。今日初めて途中の公衆トイレに入ってみたら、これが思いのほかキレイであった(ちゃんとトイレットペーパーもあった)。二本松市の住民税はなんだか高いような気がするが、人口一人あたりの公園面積や遊歩道の距離とか考えると仕方ないかしらんw (写真はコーヒー屋さんからの眺め)