ごちそうさま

ナス、トマト、キュウリ、インゲン、オクラ、枝豆、トウモロコシ、シソにミョウガ。そして桃。盛夏である。

私が福島に来て最初の役場勤め時代は、とにかく食べ物を頂くことが多かった。出張土産の菓子はもちろん、兼業農家の同僚や釣り好きのご主人を持つ同僚、お菓子作りが趣味の同僚などから、季節の野菜、とれたてのイクラ、プロ顔負けの手作りスイーツ等々。

フリーになったらそういう有り難い職場の頂きものは激減したが、それでも女子会だのなんだので集まると、食べきれないからもらって〜という農産物のおすそ分けは結構頂いた。

そして、コロナで人と会わなくなったら当然おすそ分けもほぼ皆無に。それでも今月は果樹園の手伝いに行った友人からハネ物の桃を1箱頂き、もうしばらく食べないでいいわーというくらい堪能したが、その他の野菜果物はせっせと買い出しに行かねばならない。

新鮮な旬のものが安く買える産直は大好きだが、難点といえばおひとりさまには量が多すぎることである。中でもシソやミョウガなどの薬味系は、ドサっと1袋買ってしまってからハテどうしたものかと悩む。ミョウガなんてスーパーなら3個の値段で20個くらい買えるのだから、使い切れずに捨ててもいいや、とはどうしても思えないタチなので、むしろ薬味から献立(全て酒のアテ)を考える日々が続く。

そこへ先日、SNSの友人の投稿で、叩いた梅干しとミョウガを和えてアボカドに載せるというカンタンレシピを発見。以来、大量のミョウガが見る間に消費されるようになった。(そういえば昔、ミョウガを食べすぎると馬鹿になると聞いた記憶があるが、私の頭くらいでは気にする必要もなし。)

ちなみにシソは、カボチャとナスの揚げ浸しに大量に載っけて爆食いがマイブームである。

75年前の今ごろ、終戦直後の東京。小学生だった母はひもじい日々を覚えている。お腹を空かせて学校から帰ると、カボチャをぐずぐずに煮たものがオヤツだった。調味料がないから味付けもない。薬味どころではない。夕飯はパサパサのサツマイモ一つ。農業の経験のない祖父が小さな畑を借り、見よう見まねで作ったイモだったが、いくら腹ペコでもまずいものはまずい。泣きながら食べたそうだ。

その祖父はまた、家族のために満員電車で食料の買い出しにいった。痩せた身体に満杯のリュックが重く、転ぶと仰向けにひっくり返った亀のように立てなかったが、誰も助けてくれないのが悔しかったという。そんな祖父があるとき、わずかな白身の肉を買ってきた。「今日はごちそうだぞ、これはヘルカという肉だぞ」。みんな喜んで食べた後にカエル肉だと知って仰天したそうだ。

もっとも母の記憶もかなり怪しいから、こういう昔話の細部がどこまで正確か分からない。が、戦後の食糧難、特に生産手段を持たない都会の住民にとってコメや野菜などの基礎的食料の入手が困難を極めたことは確かだろう。それらを売る側の農家が「偉そうにしていて悔しい思いをした」という祖父の台詞は母の脳裏に焼き付いているようだ。

たった75年で世の中こうも変わるとは……ね。今日もおいしいミョウガと梅干しとアボカドとカボチャとナスとシソを頂きながら、しみじみこれを書いている。

冷や汁+甘酒=いいね

昨日の福島市は久しぶりに朝から晴れていたが、入道雲がモクモクと立ち上がった典型的な夏空で、案の定夕方には雷が鳴って雨が降り出した。「天高く」という秋冬の晴天に対して、夏の晴天はたしかに空が低く感じる。本当は見上げる空=宇宙に「高さ」はなく、あるのは雲の高低くらいなのだけど、そういう表現はまことにジコチューな人間らしい。甘酒冷や汁の朝ご飯福島県はいちおう東北地方なので東京より涼しいと思われているが、何度もいうとおり福島県は広大である。涼しいのは標高の高い山地と海風が吹くいわき地方だけだ。内陸の盆地である福島市街の夏の暑さは県民の間では有名で、先週はずっと36度超えだった。福島駅前の温度計の40.8度という表示を見てさすがに驚いたが、あれは暑さでセンサーが壊れたのか。

こう暑いとさすがの私も多少は食欲が落ちて、さっぱりしたものが中心になる。最近のお気に入りは冷や汁だ。どこかでそれに甘酒を足すというレシピを見て、やってみたらハマっている。そういえば、福島に来てから甘酒を買う頻度がかなり増えたと思う。東京のスーパーってこんなに甘酒たくさん売ってたかしら?こちらでは、砂糖入りの「まがい物」を除いても、たいてい数種類の甘酒が売り場に並んでいる。先月は手作りのも頂いた。

「飲む点滴」というキャッチーなコピーはだれが考えたんだろう。米麹だけの自然な甘さはまさに「滋養」という言葉がふさわしい。豆乳で割るのは以前からよくやっていたが、味噌とも合うというのは発見だった(考えたら同じ原料だから当たり前か)。他にも探せば甘酒レシピはいくらでもあると思うが、どうも料理のレパートリー拡大を楽しむような性格ではないため、しばらくは甘酒冷や汁のヘビロテが続くと思われる。

あーこんなどうでもいいブログを書いてる暇があったら原稿かけよー自分(ー ー;)


移住生活 ブログランキングへ

おいしいTKGを食べて学んだこと

今日の福島市は、ここ数日のジトジト雨と打って変わってカラっとさわやかな快晴。雨の間はほぼ一日中、家にこもってPCに向かっていたので、今日は午後一のオンラインミーティングが終わったらとにかく一度外に出ようと決めていた。

普通ならいつもの荒川土手の散歩くらいで終わるのだが、今日はたまたまフェイスブックで近所の飲食店のイベントを発見。こだわりの養鶏農家さんのお話を聞いたあと、おいしい卵かけご飯(通称TKG)が食べられて卵のお土産ももらえる、というのにつられて直前に電話して滑り込む。

その卵の話でびっくりしたのは、我が福島市は卵の購入額が日本一なんだそうな!家に帰って統計局のサイトで調べてみると、たしかに僅差で日本一。ついでに納豆の購入額も、あの水戸市を押さえて日本一。へぇー。たしかに私自身、卵も納豆もよく食べる。ただ、それは私が準ベジタリアンで他にタンパク源がないからだと思っていたが、まったく関係ない様子。

たまご、納豆キャプチャ

出典:統計局 なるほど統計学園「あなたの地元が日本一!」

ついでに紹介すると、桃に至っては2位の岡山市を倍以上引き離して福島市ダントツトップ。なぜかこれだけ購入額ではなく購入量だが、なんと全国平均の6倍もの量を消費している。福島市は桃で勝負しようとしているので、まずは市民が身銭を切って消費しているわけですなぁ。たしかに「福島(市)の桃」は、市民が県外に季節のギフトを贈る際の定番にもなっている。

桃、お菓子キャプチャ

ちなみに、桃の右にあるのが「他の菓子」でこれも全国一。「その他」というからには他にチョコレートとかせんべいとかのカテゴリがあるのだろうが、このサイトでは抜き書きしてあるのでわからない。一方、福島市の広報2月号を見ると、菓子総合で福島市民の購入額は全国3位だそうである。たしかに、市内のコンビニでバイトしている関東出身の友人は「この辺のお客さんの菓子を買う量ハンパない」と証言していた。

ちなみに、同じ広報誌によると、福島市民は塩の購入額も全国7位と多いほう。つまりは味の濃いものが大好きな市民であり、必然的に?メタボ該当者割合も全国平均の14.4%を大きく上回る17.8%だそうな。いくら卵や納豆たくさん食べてもダメなのねぇ(笑)たしかに健康保険税も高いしねぇ(泣)

都会から「地方」にいけば自動的に健康的な食生活ができるかというと、それはまったくの幻想だ。自家菜園の収穫物で100%自炊を貫くという生活ならともかく、中食・外食を織り交ぜる場合、バリエーション少ないからいつも同じものになり、それもマジョリティが好む濃い味のものしかない。おまけに車社会で歩かないし、よほど気をつけないとむしろ東京より不健康だと思う。

TKG

そんなことを知り、考える機会となった、今日のTKGイベントでありました。(写真は、1つ100円のこだわり卵を麦飯に載せたTKG。白身と黄身を分けて載せ、最初は別々に味わうのが生産者さんオススメ。さすが、特に黄身のトロミが別次元。ごちそうさまでしたー)

追記:福島市民は、普段から1個100円という高級卵ばかりを食べているから購入額が日本一なのでは?と思われた方。たしかに放し飼い&こだわり飼料で高級卵を生産している農家さんは、今回のTKGイベントのゲスト以外にも県内に何軒かあるのは存じ上げているが、市内の産直やスーパーで売っているのはごく普通の、1個20~40円くらいのものだ。思い当たるのは、福島市は温泉が多く温泉卵が量産されているので、温玉の消費量が飛びぬけているのではないか、ということ。そういえば、スーパーにも普通の卵と同じくらい温泉卵が置いてある。ということで、福島市のお土産は温泉卵もぜひどうぞ!


移住生活 ブログランキングへ

福島は春がいい

山菜の季節だ。果樹農家の手伝いの日は畑の近所の蕎麦屋でお昼を食べるのだが、一昨日は「一日限定15食タラの芽の天ぷら」という看板が出てたので、ざると一緒に迷わず注文。そしたらこんなにデカいのが出てきて驚いた。↓

食べ切れないので半分はティッシュに包んで持ち帰り、夕飯のビールのお供になった。

山菜は天ぷらがいちばん好きかもしれない。昔は家で揚げ物をしていたこともあるが、おひとりさまは油の処理に難儀してほどなくギブアップ。いずれにせよ、天ぷらはたっぷりの油でプロが揚げたやつの方が絶対おいしいと思う。

そういえば、二本松に住んでいた頃は、近所を散歩中にフキノトウを摘んでフキ味噌なんか作ったこともあったっけ。でも新幹線駅近の現居住地ではさすがにそういう楽しみはお預けだ。

2週間ほど季節が前倒しの今年は、産直に山菜が出回るのも例年より少し早いようで、今日買い出しに行ったら既にウドだのウルイだのが棚の一角を占領していた。

この時期の果樹農家さんはただでさえ摘花と授粉で忙しいのだが、今年は桃とサクランボとリンゴといっぺんに花が咲いてしまって大変である。

でもお気楽なアルバイトの身としては、この景色(↑)を眺めながらの作業はまさに役得。なんだかもう吾妻連峰が見えない場所や、特大タラの芽が食べられない場所では暮らせないような、そんな気になる福島の春なのだった。

追記:最初、「福島は木の芽時がいい」というタイトルにしたのだが、「木の芽時」の定義を1カ月ほど間違えていたことが判明し、翌日訂正。あ~恥ずかし~ f^^;


移住生活 ブログランキングへ

確定申告だん、そして

東京でサラリーマン大家を始めたのがかれこれ14年前。以来、ナケナシの家賃収入ではあるが毎年欠かさず確定申告というものをしている。そして今年は初めて、納めすぎた税金が戻ってくる!という事態になった。もちろんその額もナケナシなのだが、なんだか得した気分(錯覚)。と同時に、給与というものが(ほとんど)なくなった個人事業主1年目はいかに収入が減ったかと感慨を深くした。無論、まともな営業もしていないのだからそれも想定内なのだけど、節約モードがさらに高まって我が家の経済は縮小均衡が進んでいる。

ベトナム料理とはいえ月々の生活費は節約すると言ってもたかが知れている。移住してから外食費は格段に減ったが、その分車の維持費はかかるし、福島市の水道料金はべらぼうに高いし、マンションの管理費は東京の相場とほとんど変わらない。

なにが減ったかと言うと旅行費である。20代から40代半ばまでは、当然のように年1、2回は海外に出かけていた。それがだんだん長時間飛行機に乗るのが苦痛になってきて、40代後半からはもっぱら国内旅行。それも、一人で知らない場所をブラブラするより、現地に知人を訪ねるほうが楽しみになる。

そして4年前に福島に来てからは、なんだかずっと長い旅に出ているような気分が続いてきた。もともと期間限定のお試し移住のつもりだったからだろう。「旅行する」といっても福島県内のスポットを回るばかりで、飛行機に乗って「遠くへ行きたい」という衝動にはまったく駆られることがなかった。でも、福島=旅先感が薄れるにつれ、最近はときどき「遠くへ行きたい」気分が再び頭をもたげるようになっている。

中国茶五福

先日、用事の帰りに初めて福島空港の中に入ってみたら、1日5便しかない定期便の合間で施設内はどこも閑散としていた。私の好きな沖縄や九州、台湾やベトナムに向けてときどきチャーター便が飛んでいるらしいが、なんといっても福島空港までが、県庁所在地・福島市の我が家からは遠い。県民として福島空港を利用したい愛郷心はあるが、ぶっちゃけ仙台空港のほうがアクセスいいし便数も多いから、私が何年ぶりかで飛行機に乗るとすれば仙台からだろう。

バンコクやクアラの友人も訪ねたいし、久しぶりに台湾の素食も食べたいし、またバリでヨガもしたいし。ヨーロッパは一時期よく行ったが、スペインやポルトガルは未踏の地だ。ベトナムもグアムもサイパンも実は行ったことないし。インドやトルコも死ぬまでには一度行ってみたいかなぁ。

21A26DDF-

あ、でも我が家は緊縮財政なのだった。海外旅行のスポンサーが見つかるまでは、近くのエスニック料理と外国映画でガマンですw

(写真は上から、ベトナムキッチン「Chaochi」のフォーと、台湾茶の店「五福」の東方美人茶。どちらも福島駅から徒歩圏内。「猫が教えてくれたこと」は猫が主役、イスタンブールが舞台のほっこり映画。)

移住生活 ブログランキングへ