会津磐梯山は宝の山よ

週末に東京から友人が遊びに来てくれた。福島に来てから、自宅に人を泊めるのは初めて。先月家財を持ってくるまではベッドもレンタルだったから、だれも泊めてあげられなかったが、今回めでたくB&Bへの道第一歩!といってもフローリング床に直に布団でごめんなさい。冬場はこれじゃダメだな。やはり和室というのはフレキシブルで機能的と思う。東京でマンションを買うときは和室なんかいらないと思っていたが、次にこちらで家を買うときは和室マストだ。12166665_841005495997569_216754315_n

土曜日はその友人と磐梯山へ。もう紅葉は盛りを過ぎているが、頂上付近はかなり混雑していた。その中でも比較的人の少ない裏磐梯登山口からの周回コースで、全行程は7時間。以前、職場の山男に連れて行ってもらった猫魔ヶ岳~雄国沼往復とほぼ同じ時間で、むしろコース的には楽だったと思うが、今回は筋肉痛がひどかった。それも引くまでに3日近くかかるとは情けない。当日は磐梯温泉、翌日は岳温泉に漬かってほぐしたはずなのに…。ふだんの運動不足を痛感する。車社会の欠点である。

それにしても福島は山登り天国・温泉天国である。私は本格登山なんかはしないが、ちょっとした山歩きや温泉は大好きなので、そういう遊びが気軽に日帰りでもできちゃうのは大きな魅力だ。ちなみに、単身者の遊びは単独行動が基本だが、たまにこうして3日間も他人といっしょに寝起きすると、その後一人に戻ったとき、最初はなんとなく寂しいような感じがするね。でもまたすぐ一人に慣れるのである。

広告

週末の過ごし方

久しぶりにアポのない週末は洗濯日和。掛け布団を洗い、枕を干して、さて愛車しんじ君(※)2号(自転車)で出かけよう。いつもは1号(軽自動車)で行く、おとなり大玉村のあだたら産直およびその向かいの大型スーパーで買い出しへ。12039517_10207708581741769_2331743466538917387_nわかってはいたが、杉田から先のダラダラ坂が結構きつい。が、降りて押して歩くほどではなく、ファーストギアでなんとかクリアした。でもね、車で通っているとわからない景色が見られてよかった。

産直では久しぶりに葉物がたくさん並んでいた。それから無花果も!産直では新鮮な野菜が、ほんとにたくさん安く買える。こちらに来て最初のころはワクワクしたものだ。もちろん季節のもの、地元でとれたものしかないので、バナナとかアボカドとか、真冬にキュウリやトマトがほしいと思ったら、隣の大型スーパーに行くしかない。でも、産直のおかげで、50歳にしてたいていの野菜の旬というものがわかるようになった。

帰ってから30分ほど散歩に出る。日が長い時期は平日帰宅してから歩いていたけど、この季節はもう無理。ほんとにつるべ落としだもの。田んぼの中を歩く。そろそろ稲刈りの全盛期だね。軽く汗ばんだところで岳温泉へ。鏡池を一周歩いていつもの公衆浴場350円。土曜の夕方、さすがに混んでいる。お湯の熱さには慣れたと思ったが、今日はやっぱり熱く感じた。福島の温泉は高温の源泉をかけ流しにしてるところが多い。これぞ温泉。

(※)筆者は原田真二さんのファンです