女ひとりで京都にいった理由

京都にいってきた。

高校時代の友人がやっているロシア料理の老舗、キエフというレストランで、毎年この時期、原田真二さんのディナーライブがある。福島生活初年度の昨年はスキップしたが、今年は2年ぶりに参加を決意。初めて夜行の高速バスに乗って京都へ向かった。この夜行バス、新幹線より4割安いし、なにより寝てる間に移動できるというのは効率的。どんな環境でもぐっすり眠れる人なら断然おススメである。が、オバサンにとっては正直そろそろ体力的にきつい感じがしました、はい。

さて、音楽家の原田真二さんですが。

1977年のデビュー当時はアイドル扱いでテレビに出まくっておられたので、私の世代ならだれでも名前は覚えてると思う。私がつたない紹介をするのもなんなので、プロフィールやディスコグラフィは公式サイトをご覧いただくとして、何が言いたいかというと、この方デビューして38年間、ずっと同じメッセージを歌い続けているんである。それも平和とかやさしさとか、愛は地球を救う的な、ストレートに言われると少々照れくさいようなメッセージ。

かくいう私も、実は途中30年ほど彼の存在を忘れていたのだが、大震災のあった2011年になぜか突然思い出し、そこから「失われた30年」を一気にキャッチアップしてみて(動画サイトよありがとう)、びっくらこいたのである。この人、ずーっと同じこと言ってると。もちろん年代によって言葉遣いや音の作り方は変わっているのだけど、コアは同じ。音楽で世の中を良い方向に変えられると本気で思っている。とことん性善説。とことんポジティブ。実際、彼の楽曲で聞いていて暗くなるものは一つもない。

なにごとも自分の心次第で見え方が変わるとか、宇宙の視点を持つことの大切さとか。逆に、二十歳そこそこの若者がこういうことを歌っていたというのもスゴイよなと思う。愛と平和みたいな直球を投げる人をナイーブと呼ぶのは簡単だが、シニカルに構えるだけで何もしない人々より私はなんぼか尊敬する。

東日本大震災で原発が爆発したとき、私は福島から200キロはなれた東京で生活していた。東京でもみな大なり小なりストレスを受けたと思うが、私はあの数週間、身体はもちろん心までカチカチになってしまって、苦しくてしょうがなかった。そのカチカチの正体は「怒り」だと気づいて、いろんなものを赦さなければと思った。国も東電も赦そう、買い占めに走る人々も、彼らを赦せない自分も、みんな赦そう、などと当時facebookに書きこんだのを覚えている。でも怒りをリリースするってなかなか難しい。

そのとき三十数年ぶりに聞いた曲が、原田さんのcarry onという曲だった。

Carry on, carry on 動き続けろ 悩みと憎しみ捨てて

Carry on, carry on 愛し続けろ あなたは微笑む、必ず

…けだし名曲。これを聞いてなんだか救われた気がしたのだ。(聞きたい方はググってください。似たタイトルの曲もあるのでご注意を)

DSC_1537その後2年は、追っかけというには程遠いがけっこうライブに通った。ライブで原田さんは必ず、「一人ひとりができることをやろう、どんなに小さなアクションでも必ずまわりに影響を与える」という意味のことを言う。そして私は、その言葉になんとなく背中を押される感じで、気がついたら福島に来て復興支援の仕事をしていた。

もちろん福島に来たのはそれだけが理由じゃない …というか、すいません少々盛りましたm(__)m が、かなり影響を受けたのは事実。ちなみに原田さんは、現在でも定期的に東北の被災地へ赴いてチャリティライブを行っている。

京都のディナーライブへ行くのは今回が3回目だ。もちろん原田さんが目当てではあるが、半分はそのレストランをやっている友人に会いに行くようなもの。今回も友達の友達の輪がひろがって、かなーり楽しい一夜となった。無理して夜行バスでいった甲斐があったというものである。(写真は二次会のお茶屋さんにて)

以上、本日は私の地方移住のきっかけのきっかけのお話でした。

広告

福島でかい

何度もいうが、福島は広い。北海道、岩手に次ぐ3番目に大きい県なのだ。39903[1]新幹線が通る郡山~福島を中心線(いわゆる中通り)として、そこからたとえば南会津方面に行こうとするとき、あるいは阿武隈山地を越えて海側(いわゆる浜通り)に出ようとするとき、毎度ながらその大きさを感じる。寒いのキライ、なるべく雪から遠ざかりたいタイプの私にとって、冬場に会津方面へ行く必然性は全くないが、いま復興を手伝っている関係で、浜のほうには時々いく用事がある。(地図は福島県のサイトから拝借)

先週末も、南相馬に比較的最近できたセデッテかしまという道の駅的な場所に、勤め先の役場が出展するというのでドライブがてら覗きにいってきた。二本松のわが家を出てからたっぷり1時間40分(途中コンビニには寄ったけど)。郡山―東京の新幹線より長い。途中、いまだ放射線量が高くて通行止めになっている区域もあるので、若干遠回りすることはするのだが、いずれにしても阿武隈山地は侮れない。ワインディングロードももっとスイスイいければいいのだろうけど、残念ながらしんじ君の馬力も私の運転技術も不足している。でもまあ、運転自体は嫌いじゃないので、人間のしんじ君(原田真二さま)を聞きながら、良い車旅となりました。

道の駅というのは正直どこも似たようなもので、商業施設としては産直の野菜、地場の産品、あとは飲食で多少特色あるテナントが入ってるかどうかというところ。こちらに来た当初は行くたびに楽しくて、県内26か所(だったかな)の道の駅を踏破する計画をたてたものの、半分くらいで飽きてしまった。とはいえ、ドライバーにとっては便利な施設であることに変わりはない。セデッテもまあ、ふつうの道の駅だけど、知る人ぞ知る銘菓「凍天」(しみてん)が買えます(ちなみに福島は実はお菓子大国だと思われる。これについてはまた後日)。

DSCN0001[1]着いて早々、寒かったのでレストランで天ぷらそばを食べ、役場のブースで休日勤務中の職員にその凍天を差し入れたら、あとは特に買うものもないので早々と帰路につく。(写真=起き上がりこぼしに町のキャラクターうけどんの絵を描こうコーナー)

でもせっかくここまで来たので、セデッテから15分ほどの日帰り温泉施設、はらまちユッサへ寄ってみる。福島の海沿いは、内陸と違って温泉がとっても少ない。南に行けば、常磐ハワイアンセンター…じゃなかったスパリゾート・ハワイアンズで有名ないわき湯本温泉があるが、そこから北はほとんど温泉真空地帯だ。競争が少ないせいか、この日帰り温泉は入湯料750円とやや高め(な気がする)。でもお肌すべすべのいいお湯だった。

福島県内だけでもまだまだ行ってない場所がたくさんある。行ったことのないところに行く、通ったことのない道を通る、やったことないことをやる。できれば一日ひとつ。年があけたら道の駅踏破計画、再開するかな~。

遊歩道事情

DSC_1517現在のマイタウン二本松には、遊歩道がいくつかあるので、天気のいい休日は普段の運動不足解消がてら歩きにでかける。

今日のコースは片道4キロ、40分少々で、見晴らしの良いコーヒー屋さん(カフェではない)に到着する。スタバとは違うコーヒーらしいコーヒーをいただきながら、お城山の天守閣なんかを眺めてしばし休憩。そしてまたプラプラと、もと来た道を帰る。

この遊歩道、ちゃんとサイクリング道とウォーキング道と分かれているが、自転車にはお目にかかったことがない。ごくたまにすれ違う人はたいてい、アップダウンの少ないサイクリング道のほうを歩いている(ちなみに東京23区で遊歩道といえば、たいていフタした川の上なので平坦だが、こちらの遊歩道は丘歩きである)。これだって維持管理にはけっこうお金がかかってるはずだ。今日初めて途中の公衆トイレに入ってみたら、これが思いのほかキレイであった(ちゃんとトイレットペーパーもあった)。二本松市の住民税はなんだか高いような気がするが、人口一人あたりの公園面積や遊歩道の距離とか考えると仕方ないかしらんw (写真はコーヒー屋さんからの眺め)

おいしいパンを求めて

久しぶりに予定のない土曜日だったので、郡山へパンの買い出し。(こちらのパン屋やカフェは、けっこう日曜休みのところが多い。ちなみにヨガスタジオも日曜休みでおどろいた記憶がある。)朝食用のパンは切らすことができない。別にベニマル(※)の塩パンでもいいのだが、たまにはオーガニックのこだわりパンが入手したくて郡山まで行く。いつもの2軒をはしごすると、こんなに買ってどうするという量になってしまうが、冷凍庫というものは偉大である。その後は近くの産直で買い物、そして住宅街の中にある天然温泉へ。東京でいうスーパー銭湯みたいなものだが、38度とぬるめながらちゃんと温泉が湧いている。なかなかナイスな露天風呂もあって、パン屋→産直→温泉は郡山のお気に入り定番コース。

(※)イトーヨーカドーがこちらではヨークベニマル(略称ベニマル)。いまだについヨーカドーと言ってしまうが、いつか自然にベニマルと言えるようになるだろうか

会津磐梯山は宝の山よ

週末に東京から友人が遊びに来てくれた。福島に来てから、自宅に人を泊めるのは初めて。先月家財を持ってくるまではベッドもレンタルだったから、だれも泊めてあげられなかったが、今回めでたくB&Bへの道第一歩!といってもフローリング床に直に布団でごめんなさい。冬場はこれじゃダメだな。やはり和室というのはフレキシブルで機能的と思う。東京でマンションを買うときは和室なんかいらないと思っていたが、次にこちらで家を買うときは和室マストだ。12166665_841005495997569_216754315_n

土曜日はその友人と磐梯山へ。もう紅葉は盛りを過ぎているが、頂上付近はかなり混雑していた。その中でも比較的人の少ない裏磐梯登山口からの周回コースで、全行程は7時間。以前、職場の山男に連れて行ってもらった猫魔ヶ岳~雄国沼往復とほぼ同じ時間で、むしろコース的には楽だったと思うが、今回は筋肉痛がひどかった。それも引くまでに3日近くかかるとは情けない。当日は磐梯温泉、翌日は岳温泉に漬かってほぐしたはずなのに…。ふだんの運動不足を痛感する。車社会の欠点である。

それにしても福島は山登り天国・温泉天国である。私は本格登山なんかはしないが、ちょっとした山歩きや温泉は大好きなので、そういう遊びが気軽に日帰りでもできちゃうのは大きな魅力だ。ちなみに、単身者の遊びは単独行動が基本だが、たまにこうして3日間も他人といっしょに寝起きすると、その後一人に戻ったとき、最初はなんとなく寂しいような感じがするね。でもまたすぐ一人に慣れるのである。