靴を脱いで上がる店が多い件について

昨日は、こちらに来てから知り合った郡山ネイティブのお友達とランチ。二本松まで来てくれたので、近所(車で20分は近所です)のお気に入りのうどん屋さんとカフェをはしごした。どちらもメインの国道から岳温泉に向かって山の方へ向かう道沿いにある。この道は木々に囲まれてなかなかすてきな雰囲気の飲食店が点在していて、一説には『あだたら高原グルメロード』と呼ばれているらしい。種類は、そば屋、うどん屋、パン屋、ピザ屋、カレー屋など。どうも「屋」をつけてしまうと「グルメ」という響きと相いれないものになってしまうが、程度の差こそあれ、どの店もそれなりのコダワリ10277818_10203654592274566_1847180232774242930_nをもってやっているようである。

現在のマイタウン二本松市近辺の飲食店は、駅前の一部を除いてたいていが一軒家だ。この「グルメロード」のお店たちのように、少し山の方に行けばオーナーさんの住居を兼ねてるらしいお店も少なくなく、お宅に上がる感じで靴を脱いで入る。座敷で窓外の緑(いまは茶色)を眺めながらまったりしていると、ああこんなところが近所にあって幸せ、移住してよかった、とか思ってしまうわけだ。それが友人とのおしゃべり付きならもっと良し。

ちなみに、靴を脱ぐといえば、こちらでは町中の居酒屋でも入り口で全員靴を脱がされるところが多いような気がする。そして通される先はたいてい座敷なのだが、掘りごたつ式に出会える確率はかなり低い。私は、休みの日はともかく、平日の仕事着としては下半身が隠れる長めのスカートを愛用してきたため、この座敷での宴席が結構つらい。先週は庁外の人たちと懇親会だったのだが、うっかりタイト気味の長スカートで臨んでしまった。いい気になって普段あまり食べない動物性たんぱく質を食べすぎ、途中からお腹がおかしくなったこともあり、畳の上に横座りしているのはかなりしんどかった。最後は初対面の人々を前にかなりしどけない姿になってしまったのだが、なんとも仕方ない。

長いスカートは、実は車の乗り降りにもけっこう邪魔なので、東京仕様のワードローブを、そろそろパンツ中心の福島仕様に転換すべきなのはわかっている。が、そのためにはまず脚を一回り細くせねばならない。グルメロードをはしごしたらその分運動!すればよいのだけども、この寒い時期はどうもねー。ジムとかヨガスタジオとか、そういうものは近所にないし。100%理想的な環境というのは、なかなか難しいもんだ…

広告

美容院と温泉のはなし

エンゲル係数の美容費版があるとしたら、私の場合は限りなくゼロに近い。けれども、髪の毛が伸びるのだけは止められないので、3ヶ月に1度は美容院に行かなければならない。

2年前に福島に来たあとも、髪を切るのは東京に帰ったとき、自宅から徒歩30秒の店に行っていた。そこの美容師さん(私と同年代)は、最低限の希望だけ伝えるとあとは「わかりましたー」と勝手にチョキチョキやってくれるタイプ。店内も美容院というよりパーマ屋の趣で、ほとんどネマキ姿で行っても気にしないでいられるのがよかった。

でもそろそろ福島で美容院デビューしようかと思いたち、先日ジモティ女子友Sさんにお店の紹介を頼んだ。で、連れて行ってもらったお店は、一見おしゃれな雑貨屋さんかと思うような造り。担当のかわいい美容師さんは、イマドキのスタイルなのだろう、こと細かく希望を聞いてプロセスごとに丁寧に髪主の意向を確認してくれる。それが別に鬱陶しいというわけではないのだが、慣れてないオバサンは途中で思わず、「大丈夫、失敗してもすぐまた伸びるから」と口走ってしまった。「それ、久しぶりに言われました」とニッコリ笑って受け流してくれた彼女は、若いけど腕はたしかなプロでした。

そして、これもイマドキの美容院なのか、ドリンクサービスのメニューがカフェ並みに充実している。ソイラテを選んだらラテアートまで施してあり、感心した次第。そして料金は東京の「パーマ屋」さんより1割ほどお安い(その日は初回割引でますますリーズナブル)。いいね!

DSC_1590ちなみに、私の美容コストは限りなくゼロと書いたが、温泉の入湯料を美容費に含めると若干上がる。写真は、週に一度はお世話になっている岳温泉の公衆浴場。アツアツのお湯はもちろん源泉かけ流しだ。珍しい酸性泉で、化粧水よりきめが細かいんだとか。トロトロよりはサラサラ系でさっぱりする。1350円で、こちらも東京の銭湯460円より大幅に安い。そんなすてきなお風呂が家から車で15分。だから福島暮らしはやめられなーい (^^)/

福島に来て楽しいこと

先週の土曜は、私と同様、東京から復興支援関係の仕事で来ている2人のアラサー女子とご飯を食べた。ちゃんとしたイタリアンのディナーは久しぶりで、前菜もモチモチの生パスタ(写真)もおいしかったが、やはりメインは会話だ。この日は初対面のYさんとSさんを私が引き合わせた形になったが、わざわざ仕事を辞めて福島まで来た「物好きな」人々の話は楽しい。DSC_1586

おそらく、福島に来て楽しいことのひとつは、幅広い年代(というか主に年下)のがんばってる人々と出会う機会が多いことだ。復興界隈では頼もしいアラサー世代がたくさん活躍している。20年前の私といえば、ほんとに世間知らずで何にも考えていなかった。そのままこの歳になってしまったが、いまここで直接間接に彼らと接するのは大変よい刺激になる。五十路の自分はこれから何がしたいか、何ができるか(できないか)。たとえ妄想と大差なくても「プラン」は大切。また、それを口に出して言葉にしていくことが大切。だから人と会うのは大切なんだ、と改めて思う。

先週末は、イタリアンのほかにも、職場の後輩ジモティ女子とタイ料理、東京からスキーに来た元同僚とホテルディナーとめずらしく外食・会食が続き、他のイベントもあって情報出入力の非常に多い2日間だった。刺激を受けたら消化と休息も必要。ということで、今週末はシャットダウンして瞑想の練習だ!(=散歩と漢字ジグザグへの没頭w)

いわきの話

先月末、いわきに行った。あの常磐ハワイアンセンター(どうしても昔の名前で呼びたい50代)あらためスパリゾート・ハワイアンズがある、いわきである。私の住む二本松から約100キロ。高速で1時間半、下の道なら2時間以上。間違って電車で行こうとすれば半日かかる。東京に行くより遠い感覚なので、仕事の必要でもなければめったに行かない。が、今回は覗いてみたいイベントがあったので、気分転換の一泊旅行にしてみた。

ちなみに、いわき市の久ノ浜というところには母方の遠い親戚が住んでいて、小さなころ遊びに行った記憶がおぼろげに残っている。私が生まれた年=前回の東京オリンピックイヤー時点では、まだ久ノ浜町という独立した自治体があったらしいが、2年後の1966年になんと14市町村が合併して、福島県最大の面積を持つ現在の「いわき市」になったんだそうだ。いまでは原発南側の復興最前線。いわき市自身も大きな津波被害を受けつつ、原発避難者もいちばん多く受け入れている。復旧作業関係者のベースも多い。このご時世に人口が減らずに増えているという、ある意味「特別な」自治体である。

そのいわき市では、いわゆる「復興界隈」のイベントが頻繁に催されている。私が今回覗いたイベントでも、2030代そこそこの若者たちが、被災した地域を元気にしようといろんなアイデアをプレゼンしていた。たのもしいことだ。オバサンにとってもネットワーキングは大事なので、アフターの懇親会にも参加したかったのだが、なぜかその日に限ってめずらしくお腹が痛い。お昼にいわき在住のYさんと久しぶりにランチしたのだが、そのカレーライスがいけなかったのかしらん?仕方ないので予約してあったホテルに戻り、しばらく安静。夜になってトイレに行ったら治った(笑)。(笑)で済んでよかったが、一人旅中に具合が悪くなるほど面倒なことはない。整腸剤くらいは持参しなければと反省。

DSC_1547さて翌朝は、小名浜の観光スポット「アクアマリンふくしま」へ。こちらもしゃれた名前になっているが、要は水族館である。10時前に入場したら、まだ人は少なくゆっくり見学できた。全体に結構見ごたえのある展示内容だと思う。イルカやシャチのショーといった「出し物」はないが、だからかえって動物愛護団体の抗議活動の対象にならなくてすんでいるのだろうか。同じ哺乳類のアザラシやトドはいたけどどうなのかしらん。水族館や動物園についてはいろんな意見があろうが、子供たちに(たぶん大人にも)生物多様性というものを教える教材として、やはり一定の意義はあると思う。「人類は人類だけでは生きられない」ということを学んでこそ、展示されてる生物たちの労も報われるというものだろう。

…などと考えながらじっくり見てたらお昼近くに。いわきと言えばやはり海産物だが、もともと魚介は積極的に食べない上に昨夜の腹痛の記憶も新しいので止めておく。いわきグルメレポートは次回のお楽しみに…

たかがCM、されどCM

ちょうど2年くらい前、いまのアパートに入居した翌日だったか、まだ荷物も片付かないうちに玄関がピンポンと鳴り、NHKの人が立っていたのには恐れ入った。当時はまだ東京のマンションで受信料を払っていて、一人で2か所居住状態だったから、一度に両方では絶対見られません!と事情を説明して福島のほうは免除してもらった記憶がある(その後こちらに契約住所変更したが)。

ちゃんと受信料払っているから、というわけではないが、大人になってから見るテレビはもっぱらNHKだ。民放のバラエティ番組みたいのはあんまり面白いと思わないし、なによりコマーシャルがうっとうしい。もっとも、NHKでも演歌番組が始まると他のチャネルをザッピングすることはあるが、結局すぐに消してしまう。

でもこの正月明け、たまたまどこかの民放番組が面白くて1時間以上見続けた。すると当然コマーシャルが頻繁にはさまる。久しぶりに見るCMって、実はけっこう新鮮であった。いろんな資源と手間暇とプロの技が凝縮された15秒。まさに「作品」だなあとあらためて感心するものもあった(でもあんまり頻繁だとやっぱりうっとうしいが)。

そして、そういう車とか食料品とかの華やかなCMに交じって出てくる、地味な「静止画CM」とのギャップがまた新鮮。ローカルでしか流れない地元企業の「動かないCM」、そういえば、子供のころ神奈川テレビをつけると、たいていコマーシャルは静止してたっけか(今はどうなんでしょう)。

NHK福島のニュースでは、天気予報と同じノリで、「それでは今日の各地の放射線量です」というコーナーがあって最初はおどろいた。東京の新聞では福島第一原発が事故後どうなってるかなど、もうほとんど報道されないが、福島の地元紙にその話が載らない日はない。沖縄の地元紙に米軍基地の話が載らない日がないのと同じだ。東京を離れて「別の場所に来たな」と感じる機会のひとつが、こういうメディアの情報の違いに触れたときである。ローカルCMは見逃していたが、それも地方暮らしの「味わい方」のひとつかもね。