日帰りで樹氷を見に行けますよ

タイトルを「life in fukushima」にしてしまったので、このブログにはなんとなく福島県に関することしか書いてはいけないような気がしていたのだが、改めて考えれば別に県内の話題に限る必要はないんでないの?

と気づいたのが割と最近のこと。なので、たまには「福島に住んでると(県外だけど)こういうところにも気軽に行けるよ」的なお話も披露させていただこうと思う。

この連休中に行ってみたのは、おとなり宮城県の蔵王だ。福島市街の自宅から車で2時間あまりで行かれる。去年の夏には有名な「お釜」を見に行って、帰りは蔵王温泉を堪能する日帰りドライブをした。福島の山も温泉も良いが、宮城だって素晴らしい温泉があるのだよねぇ。それ以来、蔵王は私にとって身近ですてきな観光地になっている。

もっとも、ウィンタースポーツ一切しない、寒いのキライ雪キライな私にとって、いくら温泉が素敵でも冬の蔵王に用はないはずだった。だが、ふと手にしたチラシに「絶景の蔵王樹氷号」というバスツアーの案内が。そうだ、寒いからと家にこもっていたらいかん、いっそ寒さと雪を積極的に楽しもうではないか、と参加する気になったのである。

仙台駅から観光ガイドさん付の大型バスに乗り、途中1時間弱のランチ休憩を挟んで3時間で蔵王温泉街に着く。そこからロープウェイを乗り継いで、標高1661mの地蔵山頂駅に降り立つと・・・

qscp3622

真っ白でほとんど何も見えない(笑)。パンフに載っているような、青空の下にくっきり浮かび上がったスノーモンスター(樹氷)たちの姿は残念ながら見られなかったが、それでもスキーやスノボに全く縁のない私にとってこの白銀の世界はまさに非日常。あたりは真っ白でも幸い吹雪いてはおらず、近づけばモンスターたちの豪快な姿も写真に納めることができた。

tkur0434

ucuk3564「どうせ寒いところにいるなら、いっそ寒さと雪を積極的に楽しもうではないか」という発想のもとに参加した雪国ツアーは、実は福島に来てこれが初めてではない。3シーズン前は福島県の最奥地、只見の雪まつりのバスツアーに参加したことがある。そのときの正直な感想は、あまりに寒すぎて「一度は見ておくべき風景だけど一度でいいかな」であった。(住んでいる方、ごめんなさい)

そして今回の樹氷の感想は・・・うーん、やっぱり一度でいいかな(笑)

連休中だったこともあってかスキー場は人がいっぱい。話には聞いていたが本当に外国人であふれていた。ロープウェイも東京の通勤電車を彷彿とさせるギュウ詰めで、閉所恐怖症気味の私は軽くパニックになりそうだった。もしもっと空いていて、そしてもっと晴れているときだったら、また来たいと思うかもしれないけれど・・・

帰り、これまた人でいっぱいの仙台駅ビルをブラプラしていると、蒲鉾屋さんのイートインコーナーを発見。つい一杯(3杯)飲んでしまう。福島の日本酒もいいけど、宮城にもおいしいお酒があるのだよねぇ。ほろ酔いで新幹線に乗れば、眠る間もなく20分で福島に到着。人が少なくてホッとする(笑)。

img_e6611仙台市の人口は108万。震災後に増えたと聞いたが、改めて統計を見てみるとその前からずっと右肩上がりなのであった。かたや福島市の人口は去年ついに28万を切った。東北で不動産投資するならやっぱり仙台だよなと思いつつ、その仙台にほど近く、東京からもそう遠くなく、かつ混雑していない我が福島市こそ穴場なのでは?と独りごちているのだが。

移住生活 ブログランキングへ

広告

極小市民的贅沢

福島市に暮らし始めて2年以上になるが、ここに住んで良かったなぁと思うことが今でもたびたびある。それは「温泉のある生活」だ。思い立ったらパッと風呂道具を持って車に乗り、日帰り温泉へ。極上の源泉掛け流しでひとっ風呂浴び、帰りにちょこっとお茶したり買い物したりしたとしても、全部で3時間あれば足りる。

定番のコースはいくつかあるのだが、最近はまた別のを見つけた。「あづま温泉」という日帰り施設だ。うちから土湯方面へ15分ほど走ると、たまに気晴らしにいく「四季の里」という広い公園があって、その近くに看板が出ているから認知はしていたが、なかなか行く機会がなかった。

看板どおりに国道から曲がり、坂を登っていくとだんだん道が細くなる。あれ、ホントにこれでいいのかな?と思い始めるころ、最後の看板が見えて到着。広い駐車場からは福島市街が一望できる。

この眺めがそのまま露天風呂ビューで、予想以上の気持ちよさだった。源泉は70度という高温らしいが、湯船のお湯はちょうど良く調温されている。飯坂の公衆浴場みたいにアツアツすぎても長湯はできないから、適度な加水は有難い。

この日は昼過ぎまでいちおうPCに向かって仕事していたものの、あまりに天気がいいので外に出たくなり、とはいえ夜は出かける約束があって遠出はできない。じゃ行ったことないあの温泉に行ってみよか、となった次第。平日の中途半端な時間だったせいか空いていて、途中から露天も内湯も独り占めだった。

なんか、贅沢。ま、入湯料350円だから娯楽として特に贅沢なわけじゃないけど、私はこれで十分贅沢だと思える。露天から見下ろす福島市内は、実り始めた田んぼの黄色が印象的だったが、夜景は夜景で(まあ函館や六甲山とは違うだろうが)それなりにきれいだろう。空を仰ぐと、15時を回った太陽はもううっすらと夕方の気配を醸し出している。この時期の陽はつるべ落としとはよく言ったものだな。あーチョー気持ちいー

などと身も心もダラダラに緩まりつつ、一方で平日昼間からこんな贅沢してなんかバチが当たるんでは?と一種「ヤマシイ感」が抑えられないのも、まだ残るサラリーマンの習性ゆえかw

と、ここまで書いて「小市民的贅沢」というタイトルを思いついたのだが、小市民=プチブル、中産階級だとすれば、いまの自分は果たして中産階級なのかと自問する。年収は確実に低所得層の仲間入りをしているので、すでに小市民とも言えないのかもしれない。極小市民かな(笑)

でも、こんな気軽に極上温泉に浸かりに行けるなら、べつに極小でも私にとってまったく不都合はないのである。とにかく健康ならばなんでも良し。Life is good in Fukushima ! ^^/


移住生活 ブログランキングへ

国鳥キジはなんと鳴く

近所の散歩コースである荒川土手には、ところどころに大きな木や茂みがある。今の時期、その中からはなんとも擬音化の難しい、いろんな鳥の鳴き声が聞こえてくる。

MEPS4170

名前が分かっているのは、まずカッコウだ。カッコウは日本語では「カッコー」と鳴くことになっている。しかし、私にはどうもそうは聞こえない。あえて書けば「ヒョッホー」だろうか。東京時代の私にとって、カッコウの鳴き声は優雅なマウンテンリゾートの休日とワンセットだったのだが、こちらに来たら意外に人里にもいることが判明し、若干興ざめしたと言えなくもない。

そして「キジ」。桃太郎の家来は「ケーン」と鳴いたらしいが、これまたどうやってもそうは聞こえない。めったに姿を見せないので、最初、人から音だけで「あれがキジだよ」と言われたときは、自分が理解しているキジとは別物なのではないかと思ったくらいだ。カッコウよりも擬音表現が難しく、鶏が首を絞められたような、としか言いようがない(といっても鶏が実際に首を絞められた声を聞いたことがないから、これも違うかもしれない)。

もちろん擬音化に限界はあるが、たとえば猫がニャーで犬がワンなのには、少なくとも日本人なら大抵合意するであろう。コケコッコーも、まあ近いと思う。しかしなぜあれがケーンなのか?理解に苦しむ。

ほかにも茂みや草むらからはいろんな鳴き声がする。鳥の専門家の間には、そのすべてに共通の擬音化表現があるのだろうか。チュンチュン、カーカー、ピーチクパーチク、鳥の言葉はわからないが、こちらは「おはよう」とか「どこいくの」とか人間語でコミュニケーションを試みる。あちらにはどう聞こえてるんだろうねw


移住生活 ブログランキングへ

電車という学び場

ゴールデンウィークは例年どおり川崎の実家で過ごした。首都圏ではどうしても電車の移動が主になる。福島でもたまにローカルの東北本線に乗るが、なんだか同じ乗り物とは思えないくらい車内の趣きが違うので、久しぶりに山手線や京浜東北線に乗ると発見がある。

まず、席に座って前に人が立つという事態が新鮮だ。そこで、相手のお腹から下のあたりを眺めることになるわけだが、顔を見なくても年齢ってわかるものなのだと改めて気づく。どこでわかるかといえば、下腹と足元だ(女性の場合)。着ているものや靴のデザインは関係ない。全体には痩せ型であっても、なぜかそこだけポッコリと突き出た下腹。そして足の甲に浮き出た血管。自分はやはり、なるべく下腹が目立たない服を着て、足の甲が見えない靴を履こうと思った。

もうひとつ、東京の電車内の広告量はローカル東北本線の比ではない。最近はみなスマホに夢中だから、広告も減ったかと思うとそうでもないらしい。ドア横にはよく書籍広告が出ているが、今回たまたま目に入った「ベストセラー」の宣伝には目を疑ってしまった。「大人の語彙力ノート」というタイトルなのだが、内容の一部の紹介として、その「大人の語彙」へ言い換え例らしいのが以下のように並べてあった。

大丈夫です →  問題ございません
手伝ってください → お力をお貸しください
ぶっちゃけて言うと → 有り体に言うと
忘れていました → 失念しました
つまらないものですが → ご笑納ください

・・・・・・??? これはわざわざ本を買って学ぶようなことなのか?ふつうに読書をし、ふつうに仕事をしていれば、ふつうに身に着くレベルの語彙なのではないのか?もちろん、他にもっと高度な?「大人の語彙」が収録されているのかもしれないが、それにしてもこんなサンプルがアイキャッチだなんて。いくら最近の若者のボキャ貧ぶりは酷いといってもねぇ… ? 思わず周りの乗客に同意を求めそうになったが、残念ながら誰も気に留めている様子はない。このブログで私の驚愕をシェアすべく、広告をガン見しながら内容をメモしていた私は、逆に周りにどう見えたろうか(笑)

むろん、私のボキャブラリもたかが知れているのを棚に上げて言えば、読み物として世に出ているはずの文章であっても質はまったくピンキリだ。特にネット上では、個人ブログとは一線を画すはずのウェブメディアにも思わず首をかしげるようなレベルの文章を見かける。ビジネスメールも同じだ。

語彙力、文章力は、良い文章をたくさん読む以外に身に着けようがあるだろうか。「ご笑納」など言葉尻ばかり「大人」になっても、中身が伴わなければかえって失笑をかうだろうと思うが、その可笑しささえわからない人ばかりになったら……

などと、山手線の車内でしがないフリーライターのおばさんは一人案ずるのであった。

(写真:まだまだビル建設が続き外国人だらけの渋谷の街と、そこで久々に食べたナタラジの野菜ビリヤニ)


移住生活 ブログランキングへ

リアルでいこう

実家で年越しのため、福島駅から新幹線に乗って東京へ向かう。30分も乗らない間に、窓の外は一面、白くなったり茶色くなったりする。今週、福島市内は雪が10センチ以上積もったが、20キロ南の二本松、そのまた20キロ南の郡山はほとんど降っていない。ところがさらに南下して白河、栃木の那須のあたりにくると、再び畑は白くカチカチに凍っている。その辺りから西へ向かい、南会津に入れば、この時期はもう1メートルを超す積雪だ。

DSC_1822
会津の郷土料理こづゆ。正月などハレの席で食べるそうな。

だから、東京の友人に「福島は雪降ってる?」と聞かれても、まず福島県のどこ?と聞き返さねばならない。移住して4年になる私も、いまだに福島の気候はバラエティに富んでいるなあと感心するが、むしろあれだけ広い範囲で似たような天気になる関東平野のほうが、山ぐに日本の中ではレアケースなのであろう。ここに都を築いた家康はやはり先見の明があったのか。福島暮らしを経験すると、お江戸の冬は晴天が多く、温暖で過ごしやすいと感じる。

4月にサラリーマンをやめたら、職場がらみの宴席というものがほぼ皆無となり、したがってこの年末はクリスマスとか忘年会と名の付く外食の機会は2回しかなかった。あとは今月半ばに我が家でこぢんまりと女子会をやったくらいだ。もともと大人数の宴会は得意ではないが、フリーになった今はこれまで以上に努めて人付き合いを拡大しないと、そのうち引きこもりになりかねない。

そのぶん、年末年始の帰京中は、実家孝行の合間に50年来の友人たちとできる限り会う予定にしている。福島でもこの4年間、おかげさまでいろんな人と知り合い、友人もできたが、やはり数からいえば東京のほうがまだ圧倒的に多い。facebook様のおかげで普段からさほど「離れている」という感覚はないが、リアルで会うと決まって「この前会ったのいつだっけ?えーあれってもう2年前?」みたいな話になる。SNSがない時代に一人で地方に移住してたら、かなり孤立感があったのではなかろうか。

仕事の打合わせだって、いまどきskypeとかzoomとかいう便利ツールを使えば大抵の距離は克服できる。そういう意味では地方移住・二地域居住のハードルは確実に下がっていると思う。そのうち忘年会や新年会だってオンライン参加が主流になるかもしれない。

いやいや、お酒はやっぱり生身の人間といっしょに飲むほうがおいしいに決まっている。この正月は、昨年の大病からリハビリを重ねて再び口からの飲食ができるようになった84歳の父と、まずは福島の酒で乾杯だ。新幹線とネットをうまく使い分けながら、来年は引きこもりにならないフリーランスを目指すぞ!それと、もうちょっと本業で稼ぐぞ!(笑)

今年も本ブログにお付き合いくださりありがとうございました。来年も気が向いたら読んでね。


移住生活 ブログランキングへ