福島に住んでたらこんなこともある

借りている駐車場の大家さんから先週、めずらしく電話があった。片隅に埋めてあった除染土を掘り起こすので、隣の車を私の車にギリギリ寄せて停めさせてほしい、ということだった。それは構わないのだが、へー、除染土埋まってたんだ。

このあたり、福島駅の周辺も原発事故直後は一時的にけっこう放射線量が高かったと聞く。が、大家さんによればそれも一様ではなく、線路の向こう側の公共施設のあたりは高く、こちら側の地区は比較的低かったのだそうである。それでもやはり、この辺のビルはみな外壁を高圧洗浄し、駐車場や一軒家の庭は表土を剥ぐという「除染」をしたそうだ。

それで出た除染土(環境省的には「除去土壌等」という)を家々の裏庭の隅にビニールで覆って保管してあったことは、私も福島市に引っ越した4年前はよく目にしたので知っていた。が、そういうスペースがない場合は、こうやって敷地の地下に埋蔵保管してたのね。地上保管されてたやつは、そういえばいつの間にかなくなってるような気がするが、地下の掘り起こしは今ごろなんだ。

県内各地でこういう除染が行われ、それで出た除染土は、第一原発の近くに作っている「中間貯蔵施設」というところへ2015年度から搬入が始まった。会津地方などもっとも遠いところから運び出し始めて、これまでに福島市内の除染土も4割方は搬出が終わっているようだ(環境省サイト:福島市の搬出状況)。といっても、今回私の借りてる駐車場から運び出された除染土は、直接中間貯蔵施設に行くわけではない。まずは福島市内の仮置き場に持っていく。市に確認したところ、そこから令和3年度末(=2022年3月末、つまり2年後)までに搬出される予定なんだそうだ。仮置き場というのは地区ごとに作る前提らしいが、この地区に関してはつい最近まで仮置き場の場所が決まらなかったというのが、おそらく掘り起こしが遅くなった原因(の一つ)なのだろう。

で、今日がその大家さんが言っていた掘り起こしの日だった。作業自体はすぐ終わったようで、昼ごろ確定申告しに税務署へ行くため車を出す際は、何も問題はなかった。車で10分の税務署。1年ぶりだ。その隣はまた別の除染土仮置き場になっていて、黒いフレコンパックの山が否応なく目に入る。ここはまだ搬出されてないんだな。福島市街の真ん中、信夫山の麓、反対どなりは公園だ。最初見たときは異様な光景だと思った。数年たてば見慣れてはくるが、やはりコレが残っているうちは完全に「平常時」に戻ったとは言えないような気がする。

仕事で浪江町方面へ行くときは国道114号という山越え道を通るのだが、ここは中間貯蔵施設への搬入が本格化した一昨年くらいからいつも、「除去土壌等運搬車両」の目印を付けたダンプがたくさん走っている。車線のない道をすれ違うのに最初は多少怖かったが、私の知る限り乱暴な運転の人はいないし、可能な限り道も譲ってくれる。何よりこの運転手さんたちがいなければ除染土搬出はできないのだから、個人的にはむしろ礼を言いたい気持ちである。が、やはりこれは一種「異常な」道路状況なんじゃないかと思う。

福島県はいまだに「復興」という言葉をよく使う。でも、何がどうなったら「復興した」と言えるのか?あまりその辺の突っ込んだ議論は聞かない。まずは県内の除染土フレコンパックの山がぜんぶ中間貯蔵施設に運び込まれて、生活道を除染土運搬ダンプが通らなくなって・・・そこで少なくとも浜通り地方以外の福島県の「復興プロセス」はひとつの区切りを迎えるとは思うが、それで終わりというわけでもない。

その浜通りでは来月、いよいよJR常磐線が全線再開通する。双葉町でも来月初めて一部の避難指示が解除される。一歩ずつ進む。でも、帰還困難区域はまだまだ残る。旧避難区域の居住人口はまだまだ戻らない。自治体はまだまだ通常の課税に戻れない。原発事故の後始末はまだまだ終わらない。

今日うちの前で、掘り出したボロボロの土嚢を淡々と軽トラックに積み込む作業員を見ていて、あらためて難儀だなあと思った。もちろん、私はそれを理由にこの地を去る気はまったくないので、life in fukushimaはこれからも淡々と続きます。

(写真:除染土を掘り起こして埋め戻した後の駐車場と、全然関係ないけど昨日立ち寄った日帰り温泉施設に飾られていた吊るし雛)

なぜ福島第一は「福島」第一なのか

先月から福島市の観光案内所でパートをしているのだが、先日、外国人旅行者から言われたこと。

「なぜ、福島第一原発は『福島』第一原発というのだ?」

なぜって、そりゃ福島県にあるからですよ。

と言ってみてからハタと気づいた。他の原発を考えてみると、泊原発(北海道)、女川原発(宮城県)、柏崎刈羽原発(新潟県)、浜岡原発(静岡県)、川内原発(鹿児島県)、福井県なんて4つもあるが、第一、第二、第三、第四でなく、敦賀、美浜、大飯、高浜とみんな立地市町村の固有名詞だ。

「福島」と同じく都道府県名を冠しているのは、松江市にある「島根原発」だけのようである。

その旅行者が言いたかったのは、福島という名前が付いていたがために、あの事故の記憶と「風評」は永遠に福島県全体と結びつけられちゃうぜ、ということらしい。

なるほど、そうかもしれない。もしも第一原発が柏崎刈羽式に「双葉大熊原発」、第二が「楢葉富岡原発」とか命名されていたら、カタカナの「フクシマ」は生まれていなかったんだろうか。

なぜそう命名されなかったのか、ちょっとググったくらいでは出てこなかったので、だれか知ってる人がいたら教えてほしい。

なんにしても、新しいことを始めると小さくても新しい発見があるのがよい。ボケ防止には必須である。

(写真は2017年1月に現地で撮った看板)

ひろしまとふくしま

先々週に行った広島旅行の話を書く。

広島は20年くらい前にも出張でいちど訪れたことがある。そのときは原爆ドームをチラ見しただけで観光する余裕はなかったが、今回は2時間かけて原爆資料館を見学し、翌日は厳島神社のある宮島でほぼ一日過ごした。どちらも世界遺産だ。

原爆資料館は圧巻の内容だったが、東日本大震災被災地の人なら、原爆投下後の焼け野原と津波の翌朝の光景をダブらせる人は多いのではなかろうか。そして、福島に住む者としては「被ばく」という言葉にも敏感にならざるを得ない。原子爆弾による被爆と、原発事故の放射性物質による被曝はまったく違う次元のものだが、世の中一般、なんとなく一緒くたのイメージになっているような気がする。どちらも繰り返してはいけないという点においては同じなのだが。福島県双葉郡にもできる東日本大震災・原子力災害アーカイブ施設はどんな内容になるんだろう。

ところで、東京や京都だけでなく日本全国で外国人観光客が激増しているのは知っていたが、広島も例外ではなかった。へぇと思ったのは、欧米系が多いことだ。私が原爆資料館を訪れた時は、見学者の9割方が外国人、そのうち7割くらいは東アジア以外の人々だったと思う。宮島には日本人のグループも多かったが、それと同じくらいの外国人もいて賑わっていた。

広島市内に2泊の後、そこからローカル線で1時間半余りの尾道にも1泊。お目当ての絶景ルート「しまなみ海道」の一部を走った。走ったといっても、自動車ではなく自転車である。ここでも、ドライブではなくサイクリングしているのはやはり外国人が多かった。「サイクリストの聖地」を謳うだけあって、ルートも各種サービスもすばらしく整備されている。

わが福島市もオリンピックを控えてインバウンド増加を意識しているようだけれども、残念ながら実感として市内の外国人客数は文字通り桁違いに少ない。ま、市内に2つも世界遺産を持つ広島市と比べてがっかりしてもナンセンスだから、福島市は独自のニッチを行くしかなかろう。

福島市の売りといえば花と温泉と果物と磐梯吾妻スカイライン(吾妻山と浄土平)だが、はっきり言って「美しい自然」はどこでもある。花も果物もシーズンが限られるし、食べものには好き嫌いもある。スカイラインだって冬季は閉鎖だ。日本人は人間なら誰でも温泉好きと思っているが、そもそも湯船に入る習慣のない国も多い。

ということで、マスを相手ではなくリピータ―獲得狙いのほうが正しい気がするのだが、いかがかしらん。噛むほどに味わい深い地味なふくしま。外国人の前に日本人も来てもらわないとね。

ももりん、がんばろね

「開いててよかった」

コンビニの24時間営業見直しが話題になっているが、私の身近には数年前からずっと”時短営業”してるコンビニがある。

2014年夏、(原発事故のため)まだ全町に避難指示が出ていた浪江町で小売店の再開第一号としてローソンが開店した。私が浪江町役場に入職して1年目のことだったからよく覚えている。

避難指示とは、日中の立ち入りはOKでも寝泊まりはできないということ。除染や復旧作業などで町で働く人々も、夕刻には町外に出なければならなかった。そのローソンも当初たしか午後4時くらいで閉店してたと思う。それでも昼間町内で飲み物食べ物が買える!というのは素晴らしく有り難いことであった。

私の勤務先は役場の(避難先の)二本松事務所だったので、別に普段の生活に不自由があったわけではない。が、たまに仕事で浪江町へ行ったとき、ローソンが再開する前は、小腹が空いても絆創膏を買いたくてもお金を下ろしたくてもガマンしなければならないという経験をした。ローソン再開後も、うっかり閉店時間に間に合わないと同じことだった。

浪江町はその後一部で避難指示が解除され、人が住めるようになっている。店も少しずつ増えてきた。現在の居住人口は1000人足らずのようだ。が、2店に増えたコンビニは現在でも夜8時に閉まる。

不便だろうか?おそらく。

でも個人的には、あのとき「ガマン」という経験をさせてもらったことを有り難く思う。

欲しいものが欲しいときに手に入らなければ、あるもので済ませる。手に入るときまで待つ。幸いなことに私はそれで飢え死にする状況にはない。

「開いててよかった」の意味を心底理解できたことに感謝。

今日から始まったこと3つ

今日から始まったこと(その1):桃の花摘みバイト。友人の実家の果樹園でバイトさせてもらって早3年目。くだもの王国である福島市に引っ越して3年経ったということだ。草花も樹木も、花を咲かせるのは1年に1度だけ。今の私にとっては桜より桃のほうが季節の巡りを感じさせてくれる花である。

剪定で落とした枝を2,3本もらってきて活けた。きれいだなと思うのは私が短期のお気楽バイトだからであり、これが桃農家なら「家に帰ってまで見たくない」のかもしれない(笑)。

WUVJ3126 (2)今日から始まったこと(その2):福島第一原発の3号機で使用済み核燃料プールから燃料取り出し。19時の全国ニュースで一応やってたけど、今度は世の中あんまり騒がないみたいだ。5年前の4号機の燃料取り出しのときは、危険すぎる!絶対失敗する!みたいなのが国内外からいっぱい発信されていたのにねぇ。なぜ覚えているかというと、私がちょうど浪江町役場(の二本松事務所)に応援に入る予定の最初の1年間が、4号機の取り出しの1年間と重なってたから。あれだけ騒いで不安を煽っておきながら、無事終了したときには大した報道もなかったと思う。

そういえば、(除染で出た廃棄物を搬入する)中間貯蔵施設の用地買収がなかなか進まないというニュースも、3年くらい前までさかんに報道されていたと記憶する。2300人いる地権者のうちまだ数パーセント?どうすんのこれ?と絶望感を煽られるような気がしたものだが、いつの間にか買収の契約済みは7割を超えている。ちゃんと「その後」も報道してほしいよねと思うが、それも私を含めた視聴者・読者の関心を反映しているだけと言われればそれまでだ。

今日から始まったこと(その3):これはオマケだけど、自宅の春夏用ワークスペース。秋冬はエアコンのある南向きリビングの一角で仕事しているが、暖房の要らない時期は北側の部屋に置いた本来のワークデスクに戻る。5日前には満開の桜にうっすら雪が積もった福島市内だが、明日からは最高気温が20度超えらしい。

季節は巡る。そして生き物は出来事を忘れ、歳をとる……