バイリンガルは目指せるか

先日、パソコンに向かって「なんだべ、これ」と独り言をいっている自分に気づいた。

福島弁ラインスタンプ1.JPG

イナカにいくとお年寄りの話している言葉がわからない、とはよく聞く。私もそうだった。はじめのころ、自宅近所を散歩していたら、田んぼ仕事をしていたおじいさんが声をかけてくれたことがある。…聞き取れない。一度聞き返したが、やっぱり聞き取れない。いや、聞き取れてはいるが意味がわからない。二度聞き返す勇気はなく、きっと「どこへ行くんだ」と聞かれているに違いないと想像し、「ちょっとお散歩です!」とニッコリ笑って足早に通り過ぎた。おじいさん、なんか妙な顔をしていたような気もするが、よそ者だとわかって許してくれただろう(たぶん)。町の広報誌の取材で80代のご夫婦の話を聞きにいったときも、最初は2割くらいしか理解できず、マジに焦った。2時間も話していると多少は慣れてきたが、それでも地元出身の職員が同行してくれてなければ、原稿は書けなかったと思う。2年近くたった今は、そうだな、7割くらいはわかるようになっただろうか。

一方、若い人たちは、当然みんな地元語と標準語のバイリンガル。大阪人はたいてい誰と話すときも憚りなく大阪弁だが、こちらのみなさんは「よそ者」と話すときと地元同士で話すときでは言葉をちゃんと使い分けている。とはいえ、アクセントの強弱はやっぱり人によって差があって、これがなかなか味があるんだな。

逆に言えば、よそ者は言葉でわかってしまう。もちろん移住者は正真正銘のジモティにはなれないし、なる必要もない。外国じゃないんだから標準語さえ話せればどこへ行っても事は足りる。のであるが、現地の人と「共通の言葉」を持っている、というか持とうとしているかどうかは、ある程度「暮らし心地」を左右するような気はする。

でも外国語と違って学校で習うというわけにもいかず、みな私との会話はほぼ標準語なので、ジモティ同士の会話を耳で聞いて覚えるしかない。なんちゃってジモティへ、ローカル語習得の道は長い。「なんだべ」くらいではまだ序の口だ。

(画像は「イケメンde福島弁」のLINEスタンプ120円。的確な英訳がついていて便利)

広告

イナカの嫌煙はつらいよ

th

先週の金曜は職場の飲み会だった。人の車に乗せてもらったので、久しぶりにおいしくお酒が飲めた。それもうれしかったが、なにが良かったってスモーカーがいなかったこと。

こちらの男性はけっこうみんな煙草を吸う。さすがにオフィスは全面禁煙だが、外階段の踊り場が喫煙場所になっていて、扉があくだけで匂いがする。別にそれはいいのだが、飲み会の席でプカプカ始まると本当につらい。仕方ないので、相手が上司であろうと年長者であろうと、あからさまにおしぼりで鼻を覆ったりメニューでパタパタやったりして、さぞや「失礼な女」になってると思うが背に腹は代えられぬ。町の行事で男性(特に年配者)がたくさん集まるときも、大部分がスモーカーと見受けられる。こりゃぜったい東京より喫煙率高いよな、と思っていたが、この際調べてみた。2010年の国民生活基礎調査によると、男性の喫煙率の全国平均は42.5%。最高は秋田の49.9%、最低は東京の36.6 %、わが福島は第3位の48.5 %。やっぱり私の体感は正しかった。2001年は56.5%だったというから、これでも減ったんである。ちなみに、東北6県はぜんぶ平均より高い。

喫煙率自体もそうだが、おそらく「非喫煙者への配慮」みたいなことを考えるカルチャーがまだ発展途上なんだろうなと思う。もっとも東京だって、私が子供のころは「喫煙マナー」だの「分煙」だの、そんなコンセプトは存在しなかった。父は家の中でも車の中でも、子供の前だろうが平気でチェーンスモークしていたのを思い出す。もう10年近く前になるが、私が当時の勤め先を辞めるとき、銀座あたりで送別会をしてくれるというので「全面禁煙」をリクエストした。快く聞き入れてもらった、と思ったのだが、男性陣から大ブーイングだったと後から聞かされた。そして30年前は私自身がスモーカーだったんだなあ、そういえば。いろんな意味でごめんなさいm(__)m

今週の金曜も飲み会だ~

五十の手習い

福島に来るまでは、ちゃんとした日本の大企業・組織で働いたことがほとんどなかった。長かったのは外資系だが、日本企業でもベンチャーみたいなところばかり。上司は外国人のほうが多かったし、最後の職場は同僚も半分近く外国人だった。いわゆるメインストリームとは縁遠い職業生活二十数年。それがいきなり地方の町役場である。行政ならではのプロトコルに(予期はしてたが)「へええ」と思う場面はまだまだ多い。が、それ以前に、自分の「日本社会における常識のなさ」に自分で苦笑いすることがある。

先日は、たまたま「お客様にお茶を出す」という仕事を仰せつかった。20年前なら若気の至りで「それは私の仕事ではありません」くらい言ったかもしれないが、半分リタイヤしたような今の身分でそれはあり得ない。なにより、小さな組織ではだれでもなんでもやるのが当たり前なんで、気持ちよくお引き受けした。が、お盆にお茶椀3つのせて部屋に入ったとたん、「正しい出し方」を知らないことに気づいた… 外資やベンチャーのせいにするのは言い訳なのだが、自分でやる必要がなかったモノゴトは、たとえ50歳でも知らないものは知らない。おそまきながらネットで調べて次回に備えた次第である(二度と頼まれないかもしれないが)。

50のオジサンが慣れない手つきでお茶を出したらむしろカワイイかもしれないが、これがオバサンとなるとそんなことも知らないのは許されない(ような気がする)のが地方社会…いや、それが私の知らなかった日本の組織・社会なのかもね。こんなことも「地方移住に必要な予備知識」の一端かと、あえて恥をさらしてみましたm(__)m