自分なりに考えてはみたけれど

(前回のつづき)福島県に住んでもう9年近くなるというのに、原発の是非についてまだ頭が整理できていないというのも情けない話ではあるので、とりあえず素人の私なりにいま思うところを書いておく。

△双葉町と浪江町に建設中の復興祈念公園。双葉町は先日8月30日午前0時、ついに一部で避難指示が解除された。全町避難から実に11年5か月ぶり。

いま全国でほとんど止まっている原発を再稼働することへの不安には、二種類あると思う。一つは、また事故が起きたときどうする問題。もう一つは、事故が起きなくても元来原発が持ってる使用済み核燃料どうする問題。

一つ目の、また事故がおきたら、というのはもちろん想定しておかなけばならない。安全基準を高めたからもう大丈夫、どんな地震や津波が来てもイチエフのような事故は起きない、と言い切ってしまったら、また安全神話に逆戻りだ。ただ、どれだけお金をかけてどれだけ対策しても事故の可能性を完全にゼロにはできないわけで、それは原発だけでなく何でもそうだが、だからこそ施設面の安全対策は常識的な範囲に収め(そこに手抜きはないという前提で)、もしも事故がおきたときのインパクトを最小限にする方策に注力すべきだと思う。

数年前、津波被害が大きかった気仙沼で取材した被災者の方が「どれだけ堤防を高くしてもそれを乗り越える津波が来るリスクはゼロにできないのだから、それよりも避難道路を拡幅するなどの方に予算を使うべきだ」と主張していて、納得したのを覚えている。

自然災害による原発事故の場合(戦争とか原因だと日本全体がヤバくなっているだろうからここではおいておく)、どのくらいの放射性物質が拡散するのかによって逃げる範囲が変わってくるところが難しいけども、とりあえず2011年のイチエフ事故のケースで言えば、津波と違って同じ自治体内での避難では済まず、自治体まるごと別の自治体へ長期間避難しなきゃいけない可能性が高い。そういう場合に備えた制度面の整備(自治体間協定とか二重住民票とか)は必須だと思われる。

そしてなにより、汚染された地域をどうするか、また住めるようにするのか諦めるのか。この判断にかかる膨大なコストを想定する必要がある。その際、賠償金や除染費用、復興名目予算など目に見える金額だけで比較するなら、それでも原発止めて化石燃料輸入するコストのほうが高い、という計算も成立するのかもしれない。でも、その背後にある人々の健康不安、心理的軋轢とコミュニティの分断、それらをつなぎ合わせようとする努力、そこにかかっている有形無形のリソース、同時に発生しているはずの機会ロス。そういうものをぜんぶひっくるめて金額換算できたとしたら、もう天文学的数字になるのではなかろうか。(健康不安が「不安」で済まず、事故で漏れ出た放射線による被ばくと何らかの疾病との因果関係が立証される事態になれば、「コスト」はもっと明確になるんだろう。ちなみに福島県の「震災関連死」は他県より突出して高い2333人。

もう一度、同じ規模の事故がおきて、同じような避難が発生して、同じような賠償をして、同じような避難指示解除の方針でやっていくなら、日本は壊れるんじゃないかと思う。

△私が2017年3月末までお世話になった、浪江町役場の二本松事務所。先月、久しぶりに前を通ったらこうなっていた。役場はとうに浪江町内に戻り、復興は進んでいるが、思うように人口が戻っていないのは前回投稿の通り。

敢えて言うが、もしも日本が、国民の住む場所を国が指定したり、強制的に移住させたりできる国だったら、そして、汚染された地域を国が強制的に買い上げて永遠立ち入り禁止にできるような国だったら、少なくとも物理面での物事はもっとシンプルだと思われる。いや、心理的にだって、最初から「あなたは二度とここには戻れません、他所で暮らしてください」とハッキリ言われたほうが、そのときは胸がえぐられても、長い目で見れば、真綿で徐々に首を絞められるような苦しみよりはマシではなかろうか。次の原発事故に備えるなら、日本はそういう国になるしかない。

でも、なれますかね? なれなくても、「そうはいっても、もうああいう事故は起きないでしょう」といって安全神話に逆戻りすることはできる。たぶんそうなる。

だとしても、二つ目の問題、いわゆるトイレの無いマンション問題は残る。でもトイレに行きたくなるのはまだ先で、いま目の前の子どもは食欲旺盛でお腹が空いている。この子に食べさせ続けるなら、いずれトイレに行きたくなる前に必ずトイレを作る、という確約をしてほしいものだが、これもやっぱり、手上げ方式ではなく、国が強制的に土地を接収して処分場をつくれるような強権国家にならないと無理じゃなかろうか。法律で期限が決まっているイチエフ事故の除染廃棄物の処分場ですら、まだ見通しが立っていないのである。

コロナの外出制限も医療機関への患者受け入れも原則「お願い」でどどまる国である。それはこの国の良いところでもある。原発を動かすなら、事故の可能性はゼロにはできないしゼロにする必要もない、でも起きたときのインパクトを最少化するためにどう備えるか、それを真剣に議論するなら、そういう日本国の「良さ」も再考せねばならないのではないか。その議論を避けて通りたいなら、やはり、少なくとも既存タイプの原発は動かさないでいるのが賢明だとは思う。

でも人間やっぱりお腹はすくし、今日明日電気が止まったら困るから、自分の生きてる間は「そういう事態」にならないように神さまにお祈りし、そのうち新技術が開発されてこういう問題ぜんぶ解決するだろう、という根拠のない楽天主義を採用して思考停止していたほうが楽なので、そうしようかな!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中