老害ってこういうこと?

6月は株主総会の季節だ。二十年来ほそぼそと投資をしているので、この時期は複数社から総会資料が郵送されてくる。どの会社も、たいてい単元株しか持ってない私にも数十ページの資料をフルでちゃんと送ってくれる。それを有り難いと思い、隅々とは言わないが一応全ページに目を通し、欠かさず投票ハガキを返送してきた。それが次回から、総会資料は原則オンライン提供になり、郵送希望者にはフルではなく一部抜粋の資料が送られてくるようになるらしい。(そのための定款変更がみんな総会議案になっていたので判明した。)理由はわかるし、ぜんぶ賛成はしたけれど、なんだかなーと思った。

△福島市飯野町にあるUFOの里、からの良い眺め

クレカの利用明細も郵便で届く。いまどき紙で受け取る人は少数派なのかもしれない。実は一度、紙をやめてネットで確認方式に変更したのだが、月に一度しかログインしないものだから毎回パスワードを忘れる。その度に再発行してもらうのが面倒になり、また紙に戻してもらったのだ。それがまもなく、利用明細郵送には手数料がかかるようになるそうだ。理由はわかるけど、なんだかなーと思った。

銀行引き落としになってるマンションの管理費明細も、一昨年から郵送ではなくネット確認になっている。管理費・修繕積立金は毎月定額だが、福島(市)の集合住宅では水道料が管理費と一緒に請求されるというおもしろい方式を採用しているため、水道料金部分を確認するには明細が必要なのだ。これも5回くらいパスワード忘れて再発行してもらった後、もう面倒になってここ1年くらいアクセスしてない。水の使用量は大して変化するわけでもないから放ってあるが、やっぱりなんだかなーと思う。パスワード忘れるほうがいけないのは承知してるけど。(生前の父はパスワードを全部シールに書いてパソコン画面の周りに貼り付けてあった。それダメじゃんと諭しはしたが気持ちはよくわかる。)

△UFOの里の有名なラーメン

銀行口座に関しては、私はネットと通帳を併用している。その中で、ゆうちょ銀行の通帳は次回繰り越すときから有料になるそうだ。ネットだけでも普段の生活に不便はない。だが、私の死んだ後に資産を処分してくれる人は、通帳が無くてネット口座のパスワードも不明だったら出入金明細わからなくて不便じゃない?そのまえに、自分が認知症になってIDもパスワードも思い出せないかもしれない。実家の母(86)はそこまでボケてはいないが、キャッシュカードすら使ったことがないのであるから、通帳が無くなるといったらパニックになるだろう。

デジタル化、ペーパーレス化、キャッシュレス化を進めるのは、効率化・コスト削減が是である限りもちろん正しい。次のイノベーションを生む基礎だというのもわかる。ただ、一定の選択肢を残してほしいとは思う。そのぶんのコストは受益者負担でしかたない。と、民間のサービスなら思うが、これが行政サービスとなると悩ましいところだ。紙の広報誌を配布するのはコストがかかるから有料にします、必要な行政情報はSNSで配信しますって言えるかなぁ。デジタル化先進国ってどうなってるのかなぁ。

ちなみに最近、スマホ画面の文字が本当に読みづらくなってきた。字の小ささではなく(それなら拡大すればいい)スクロールして画面上で文字がダーっと動くのがダメなのだ。昔から頑なに文字サイズを変えない日経新聞(紙版)のほうが、まだ読みやすい。紙は自分の目の方を動かして文字を追えるからじゃないかと思う。新聞がスマホでしか読めなくなったら、やっぱり困るなぁ。。。

ガタンゴトン

ガタンゴトン。ガタンゴトン。

鉄の重さを感じる鈍い響き。新幹線は間違ってもこんな音はたてない。

子供のころ、線路脇の公園で遊んでいると、たまに貨物列車がやってきた。

ガタンゴトン。ガタンゴトン。

大きな四角い箱が後から後から。けんめいに数えたが、いつも途中でわからなくなった。

ガタンゴトン。ガタンゴトン。

それはまるで永遠に続くように思われた。

その線路はもちろん貨物専用ではなく、浜川崎線という南武線の支線の線路だった。いまでも走っているが、国鉄だった当時から結構マイナー路線だったと思う。さすがに電化はしていたはずだが、たまに乗ると子どもの目にも古めかしい車両だった。チョコレート色の角張った車体にチョコレート色の木の床。そこに、今でいうポールダンスのポールのような握り棒が立っていた。ドアの無い車両もあったような気がする。(ドアがないといえば、20代の最後を過ごしたシドニーで英語学校に通うのに乗っていた電車にも、ときどき付いてなかったっけ。おおらかな国だなあと思ったが、それほど空いてたのだよね。)

いま、いつもの荒川土手を散歩していると、川を渡るローカル東北本線の線路をたまに貨物列車が走るのに遭遇する。

ガタンゴトン。ガタンゴトン。

なんとなく郷愁を感じる音だ。

でもこないだ見た北へ向かう列車はやけに箱が少ない。スカスカなので数えるのも楽だ。

ガタンゴトン。ガタンゴトン。

どこが終点なのだろう。そこにはどのくらいの子どもが住んでいるのだろうね。