ここで止まっちゃう

先週初めの寒波で、福島市街はまたもや20センチくらい積雪した。今年はもう雪はたくさんだ。が、さすがにもう3月。今回の雪はすぐにとけ、1週間後には日陰を残してほとんど消えた。この辺は中途半端な「雪国」のため、植木に雪囲いなどしていないのだが、街路樹のツツジは何回も分厚い雪の下に埋もれながらしっかり芽を出している。頼もしい。

このツツジの脇で、とけ残った雪の上にマスクが落ちていた。最近よく見かける道路ゴミである。思い起こせば2年前の今ごろ、どこを探してもマスク売ってなかったよねぇ。100円ショップの靴紐とハンカチで急場しのぎのマスクを作ったっけねぇ。モノの価値というのはこうも激変するのだねぇ。

オミクロン騒ぎも、今般のウクライナ問題でそれどころじゃない感じになってきた。北京パラリンピック後の台湾有事だってまったくあり得ない話じゃないだろう。

そんななかで東北の太平洋沿岸地域はもうすぐ、11回目の「あの日」を迎える。

昨年はコロナ禍中でも10周年ということでそれなりに報道はあったと思う。10年という節目で出版されたフクシマ本もけっこうある。でも今年はほんとに静かなアニバーサリーになるのだろう。それはそれで自然なことで、べつにケシカランとは思わない。

ただ、個人的には、今のタイミングでもう一度、私なりに311と向き合ってみたい、という気になっている。なんて言うと大げさだが、あらためて人の話を聞いたり、本を読んだり、しようと思っているところだ。その結果をどういう形でアウトプットできるか、できないか、それはまた別の話だけれど。(言い訳)

そんなこともこんなことも、すべては平和な日常のおかげ。当たり前と思っている日常、当たり前と思っている価値感。それがいかに脆いものか、あのときも、いまも、教わっている気がする。教わって、そしてどうするかが問題なのだけれど。(っていつもここで止まっちゃう。先に行く気はあるのか、ワタシ?)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中