もうちょっと親切にしてほしい

やっとスマホの料金プランを割安なものに変更した。3月くらいから各社の新料金が発表されていたけれど、最初のうちはきっと混むだろうと思って、ちょっと待っていたのだ。先日、そろそろいいかなと思って平日昼間に最寄りのショップを予約。混雑もなく対応もスムースだった・・・のはいいが、なんだかいろいろ考えさせられた。

新しい料金体系については多少調べてから行ったつもりだが、やっぱりこちらから質問しないとお得なプランは教えてくれないのである。最初、「新しいプランにすると、お客様の場合は逆に少しお高くなります」と言われ、でもそれはメインブランドの場合でしょ?データ通信は無制限でなくていいし、サブブランドなら別のプランがあるでしょ?などと訊いて初めてそちらを紹介してくれるのだ。両者のサービスの違いについても、速度は?とか保証は?とか一つ一つこちらが訊かないと具体的に教えてもらえない。

これ、ちょっと不親切なのではないか?お年寄りなら、最初に「高くなります」と言われて「あらそうですか」で終わってしまうかもしれない。

そして私は、たまたま同じサブブランドのポケットwifiを持っていて、同時にこれを解約したかったのだが、そのwifiはかなり前に大手家電量販店のY電機で契約したものだから、このショップ店頭では対応できないという。同じブランドなのになんでだよ?と思ったが、まあしょうがない。ここに電話しろという紙をもらったが、例によって音声自動案内を相手に長々と操作するのが嫌だったので、買い物ついでに最寄りのY電機の店舗で手続きしようと思い立つ。

翌日、念のため事前に解約手続きができることを電話で確認してから、いざ店舗カウンターに赴く。ところが店員いわく、「これはお客様ご自身でサービスセンターに電話していただく必要があります」。なんでだよ??まあしょうがない。店員もサポートしてくれる、というのでその場でスピーカーホンにしてセンターに電話。でも案の定、音声自動案内を何度聞いてやり直しても、せっかくプラン変更したばかりのスマホの解約メニューになってしまい、wifiの解約にたどり着かない。聞いていた店員も「オペレータにつながらないとダメそうですね」といい、店のスマホで同様に試してくれたが失敗。それでもああだこうだとやっているうちに、やっと電話の向こうに人間が出てきた。

「お客様のお電話番号を」「いや、私は電話ではなくwifiの解約をしたいんです」「ではwifiの番号を」はい、これ。「・・・その番号のご登録はありませんが」 

は?なんでだよ???そんな訳ないでしょ、現にいままで使ってたんだから!

だが、ここでキレて電話を切ったらこちらの負けである。再びああだこうだやって原因がわかり、やっと解約手続きを担当するという人につながったのだが、「本日解約されると手数料として10,450円かかりますが、よろしいですか?」

え、そうなの?そういえば契約書には更新手続き期間外の解約には手数料がかかると書いてあった気はする。「じゃ、いつ手続きすれば手数料かかりませんか?」「お客様の更新期間は8月~10月です」うーん、8月にまたこの音声自動案内の迷路をくぐり抜けなければならないのか・・・心が折れそうになる。

しかし、待てよ。5月から8月まで3か月分、もう使わないwifiの料金を払うよりここで手数料を払った方が安くね?

と、私はその場で気づくことができ、めでたく解約手続きを完了したのだが、これ、お年寄りには絶対無理じゃないですか??? って私は自分がお年寄りだと思っていない物言いをしているが、中年オバサンオジサンだってちょっと疲れて頭がもうろうとしていたら絶対無理だと思う。

こうやって、不必要なサービスを解約できないままズルズルとお金を払っている年配者って、きっとたくさんいるんじゃなかろうか。そういえば、父の生前、加入した覚えのない何とかプレミアム会員費というのが毎月請求されて、解約方法がわからないと相談されたことがあった。そのときは私がネットから無事解約でき、「父よ、今後ネットショッピングするときは気をつけてくれ」と諭して終わったのだが、私自身もそろそろ他人に諭している場合ではない。カモにされないように頭をシャープに保って自衛せねば、と思う今日この頃である。

けど、やっぱり、企業のほうがもう少し親切になってくれないものかねぇ・・・

(写真は5月中旬に訪れた喜多方の三ノ倉高原の菜の花畑。思ったより壮観でした。)

ちょっと嬉しいことがあった

信夫山を背負い、遠くに吾妻連峰を望むロケーション。緑の芝生が広がる前庭。平成築ではなかなか見られない、天井が高くゆったりとした贅沢な造りーー。福島県立図書館が大好きだという話はこのブログでも何回か書いている。が、実はその図書館にも唯一の難点があった。それはトイレ。4つある個室のうち3つが和式だったのだ(それでも洋式が1つあったのは他の昭和の県立施設よりはマシだったのかもしれないが)。

それがこの度ついに和洋比率が逆転し、洋式が3つになった!!新しい洋式にはちゃんとウォシュレットもついている。県のサイトを見ると昨年12月に「図書館トイレ洋式化工事」の業者落札があったみたいなので、きっと年度内にはリニューアルが終わっていたのだろう。先日久しぶりに利用してこの快挙を発見したときは、思わず「おぉ!」と声を上げた。もっとも駅のトイレと違って並ぶことなどないので、唯一の洋式が空くのを待たねばならないという事態はまずなかったのだが、それでもこの和洋比率逆転はなぜか嬉しい。やはり「チョイスがある」ということは気分的に違うのだ(たぶん)。逆に、なぜ1つだけ和式を残したのかは謎だが、おそらく公共施設ならではの真っ当な理由があるのであろう。

さて、その図書館へ行く道の途中、住宅街の中に小さな店がある。外から中が見えにくく入りやすい店構えとは言えないのだが、入口に掲げられた「コーヒー」「ジャズ」という控えめな文字がずっと気になっていた。一昨日、思い切って扉を開けて入ってみると、カウンターの中には初老のマスターが一人。想像どおりの空間だった。8人も入れば超満席の店内には、ジャズの名盤(もちろんレコード)とアンティークな小物が並ぶ。といってもアングラな雰囲気はない。

看板どおりにコーヒーを頼むとステンレスのポットで出てきた。これは長居して良いということだな(嬉)!こういう店は基本ドリンクだけかと思ったらパスタやドリアもできるらしい。なんかおいしそうな気がする。が、あいにく食事は済ませた後だったので、3種類あるケーキのうち「かぼちゃ」をオーダー。これはさすがに仕入れ品だろうと思い、よくあるオレンジ色のカボチャプリン系を予期していたら、違った。いかにも自家製のパウンド系で、しかもほんのり温かい。そして甘すぎない。ホイップクリームが添えられ、さらに「これをかけるとおいしいですよ」という黒蜜シロップも。かけたら本当においしかった。

さっき図書館で借りてきた本を読みつつ、ポットから2杯目を注ぐ。先客さんが帰ったあと、そろそろマスターと一言二言交わそうかと思ったところへ、続けて2組お客さんがやってきた。そうか、なかなか繁盛しているんだな。お話はまた次回の楽しみにとっておこう。

生きていれば悲しいこともあり嬉しいこともあり。どれだけささやかでも、ひとつひとつ味わわなければ。