ちょっと悲しいことがあった

朝、いつもの荒川土手を散歩していると、ケーンという鋭いキジの鳴き声がする。実は何度聞いても「ケーン」には聞こえないのだが、この国鳥は桃太郎の家来だった時分からそう鳴くことに決まっているのだから仕方ない。7年と少し前に福島県に越してきて(当時は二本松市)、生まれて初めてあの独特の音を聞き、「あれがキジだよ」と言われてビックリしたのを思い出す。

この時期は福島市内でもちょっと市街地を離れるとキジの声を聴くのは珍しくない。ただし、ふつうは声はすれども姿は見えず。用心深く茂みの中に隠れていて滅多に姿を現わさないものだが、先日は鳴き声のほうに目をやると、広い河川敷の中ほどに2羽も容易に見つけることができた。

なぜかというと、先頃このあたりの河川敷の植生が根こそぎ伐り倒されてしまったからだ。ここには以前、うっそうと茂った草むらだけでなく背の高い樹木(カワヤナギやオニグルミという種類だったらしい)が何本もあった。芽吹き始めたその木々の根元を本流から枝分かれした細いせせらぎが湾曲しながら潤していく様は、まさに「春の小川」の風景だった(去年のいまごろ書いた「写真のないブログ」)。心が癒される場所だった。

【在りし日の夏の川辺林】

無残にも切り株だけが残った河原を目にした朝、私は辺りも憚らず「あ~」と大声を出した。もうキジが姿を隠せる茂みがない。ここはキジだけでなくいろんな鳥の住処だったのに、そういえば最近はカモもシギも、ムクドリさえ姿を見ない気がする。春の初めには聞こえていたホーホケキョも消えた。夏にカッコーは帰ってくるかしら?一昨日あたりは雨が近かったせいかツバメが縦横に飛んでいたけれど、他の鳥はどこへ行った?

きっと治水のために必要だったんだよね。少しずつ緑が戻り、いつかはキジ以外の鳥たちも戻ってくるよね。急に殺風景になった散歩コースを歩きながら、私はそう祈るしかないのであった。

【iphoneカメラのポートレート機能で不思議な写真がとれました】

ちょっと悲しいことがあった” への2件のフィードバック

  1. 今週、私のところでも雉に関しては悲しい事がありました。庭の前の果樹園の雑草を一画だけ刈り残して置いたので、一気に刈っていたら、白く小さめの卵🥚が7個有りました。以前から雉が散歩している場所だったのですが、天敵も現れない希少な托卵場所を、私は奪ってしまったと知りました。慌てて刈った草でこんもりと覆い、雉の子育ての再開を願ったのですが、その後卵は見限られたように放置されています。可哀想なことをしてしまったと悲しんでおります。人間が生活圏を拡げると、自然や動物は追い払われてしまうのでしょうね。合掌。

    いいね: 1人

    1. コメントありがとうございます。そうですね、人間も悪気があるわけではないのですけどね。その雉もきっと別のところで次の家族を作ってくれているでしょう。合掌。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中