自分の顔、好きですか?

インタビュー取材をするときは、念のためレコーダーで録音する。もちろんいちいちテープ起こしするわけではない。あらかた書きあげてから細部を確認するために録音を聞くのだが、これが最近オンライン取材が増え、録音を聞く代わりに録画を見ることが増えた。

ご存知の通りzoomは音を出した人をそのつど大映しにしてくれる。私は、ひとこと質問したら後は黙って聞いていればいいものを頻繁に相槌を打ってしまうので、そのたびに画面が私に切り替わる。で、結構な時間、私は自分の顔を眺めることになる。

その顔、いつも鏡で見るのとは左右が違う。完全な左右シメトリーの顔を持つ人などいないだろうが、それにしてもこれほどアンバランスになるものかと画面に見入ることしばし。気に入らない右半分を少しでも相手から遠ざけようとするためか、常に首が傾いでいる。そして口まわりの肉がこれほどたるんでいるとは・・・。

癖も明らかだ。自分の早口やしゃべり方の癖は分かっていたが、身振りの癖は動画で初めて知った。ペンを持った右手の親指と人差し指で口の左右を押し上げているのは、ほうれい線を伸ばそうという完全に無意識の仕草である。

そう、オンライン取材でも私はメモを取るにのにペンを使う。いまどきは対面取材でもその場でカタカタとノートパソコンに入力する人もいるらしいが、私はやっぱり相手の話を聞いているときは目を見て聞きたいし、聞きながら次の質問を全力で考えようとするとどうしても入力と同時にはできない。これはオンラインでも同じことだ(目線は微妙に合わないけど)。

もっとも私はメモとりが下手。それ以前に手書きの文字が汚すぎて時間が経つと自分でも読めないため、記憶が新鮮なうちにとりあえず全部ワード上に吐き出しておかなければならない。そこに事前取材・周辺取材で収集した情報を加えて文章にしていくのだが、最後はやはり録画のお世話になる。次回のzoom取材こそ、相槌を控えめにし、首を真っ直ぐにして、口元に手をやらないようにしなければ!

って、画面の中の私の顔をそんなにまじまじ見ている人は当の本人以外に誰もいないだろうけどね(笑)。単なる自意識過剰で失礼しましたm(__)m

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中