これからの天災は忘れる前にやってくる

少し時間が経ってしまったが、先月13日(土)の福島県沖地震の話。当日、報道を聞いて心配した友人からたくさんメッセージをもらったが、私はたまたまその週末は川崎の実家に帰っていた。木造築40年超の我が実家もけっこう揺れて、急いでテレビをつけたら福島が震度6という。私も福島の友人たちのことを心配して一晩スマホにかじりついたが、幸い知っている範囲にケガ人も大きな被害もなかったようで一安心した。

私自身は日曜の夕方に福島に戻るはずだったが東北新幹線がストップ。翌日には復旧するだろうとタカをくくってしばらく静観していたら、再開まで10日以上かかるという。あわてて数年ぶりの高速バスを予約しようとして驚いた。以前は1日10往復以上していた福島交通/JRバスの「あぶくま号」が、1日2本に減便されているではないか!コロナの影響がここまで来ているとは知らなかった・・・それほど利用客が減っていたのか。ショックだった。

その後に代替交通手段としての存在意義が見直されたのか、2月24日の新幹線復旧までの数日間、「あぶくま号」は一定数増便されたと記憶している。そして先ほどネットで調べたら、2月25日から現在まで、途中の郡山止まりも含めて1日5便が復活運行しているようである。ただし、これも4月以降はどうなることやら。

実は、「あぶくま号」の他にも別の会社が運行する新宿~福島~仙台の直行バスが、夜行も含めて1日数本走っていることを後から知ったのだが、それまで私の頭には高速バスといえば「あぶくま号」しかなかった。東京からの移住当初、二本松市に住んでいた頃に高速バスを利用していて、二本松バスストップという停留所があるのは「あぶくま号」だけだったのだ。たまたま今の私は福島駅近くに住んでいるから他社の直行バスでも良かったのだが、(東京~福島の途中にある)須賀川や郡山、二本松で乗降したい人はやはり「あぶくま号」が無くなったら困るのではなかろうか。

それに加えて先日発見して大きなショックを受けたのは、JR「おトクなきっぷ」の一部の廃止である。私がしばしば利用する福島⇔仙台の新幹線Wきっぷなどは特に割引率が高く、かなり助かっていたのだが・・・ これも間接的にはコロナのせいなのか・・・

さて、私は1日2便に減った「あぶくま号」のチケットを無事入手して、5時間かけて福島に戻ってくることができた。地震から4日ぶり。強烈な揺れで窓が外れたとか割れた食器が散乱したとかいう友人の話を聞いていたので、マンションのドアを開けるときは恐る恐るだった。ところが、幸い室内は拍子抜けするくらいほとんど何事も起こっていなかった。もともと背の高い家具等は置いていないが、絶対に落ちていると思った卓上の植木鉢がそのまま。棚上のスプレー缶までそのままだったのにはびっくりだった。この話をすると、おたくは免震構造ですかと聞かれるがそういう訳ではない。普通の耐震である。揺れの性質や方向的にラッキーだっただけだと思う。

今回の地震は死者が出なかったためか全国はもちろん県内ニュースでも、もうその後の報道はほとんどされていない。しかし場所によっては、倒壊こそ免れたものの深刻な被害を受けた建物も実は少なくないようだ。知り合いに見せてもらった写真には、バツの字に大きな亀裂が入った壁からコンクリがこぼれ落ちているマンションや、梁だか柱だかが折れて落ちている室内が写っていた。これでは本当に怖くて住めないだろう。常磐道の一部や二本松市内では大規模な土砂崩れもあった。本当に死者が出なかったのは幸運であり、津波が来なかったことを天に感謝するしかない。

10年前も、もし津波さえ来ていなかったら犠牲者の数は桁違いに少なかったはずだし(東日本大震災の死因の9割は溺死)、原発事故も起きていなかったかもしれない。起きていなければ避難生活のストレスなどによる「震災関連死」も起きずに済んだ。それでも溺死以外の死亡が千人以上いるのだから大災害であったことには間違いないが、後世にこれほどまでのインパクトを残すことはなかったのではないか。

まあ、今さらそんな「たられば」を言ってみてもしかたない。先月の震度6強も10年前の余震だというのだから、東北ではこれからも「その後」はまだまだ続く。福島ではそもそも原発事故そのものが終わっていない。

再びあの規模の(あるいはそれを超える)地震と津波が来ても、私たちはもう想定外とは言えないが、こんどは新型コロナという想定外が日本中・世界中に起こってしまった。結局、すべてを想定することなどできないけれども、それでも起きてしまったことから何かを学び、次に生かさなければ、犠牲になった人たちは浮かばれない。「風化」=残された人たちが何も学ばず同じ災禍が繰り返されること。だとすれば、私は何を残しただろう、というより、私は何を学んだだろう。心もとないが自らに問い続けねばと思う。(写真=福島県双葉町に昨年開館した伝承館)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中