リサイクル考

先日、久しぶりに郡山市のフェスタというショッピングモールに行った。地方都市の郊外には、でっかい敷地にスーパーとホームセンター、百円ショップ、本屋、ファーストフード等々がワンセットになったモールが点在しているが、このフェスタはその中でも特大サイズ。実際、売り場面積では福島県内最大だそうである。

といっても、今回私は福島市から車で50分かけてわざわざ買い物をしに行ったわけではない。ここでしか買ってくれないものがあったからわざわざ売りに行ったのである。向かった先はBOOK OFF。福島市内の近所にも店舗はあるが、今回は本やCDのほかに衣類も売りたかったので調べたところ、最寄りで衣類の引き取りをしているのは郡山フェスタ店のみだったのだ。

もっとも、売るといってもノーブランドの着古し衣料が数着だから二束三文なのは承知である。本だって1冊10円クラスがほとんどだし、分量もわずか。福島〜郡山間のガソリン代を考えたらむしろ足が出るくらいだ。だから、今回のBOOK OFF訪問は、経済合理性よりも専ら「捨てる」ことの罪悪感から逃れるための行動であった。

衣類の断捨離気分になったのは、正月の帰省がきっかけである。実家で父の遺品整理に精を出したところ、男性用スーツをはじめとする衣類については、いまどきAOKIさんやコナカさんが大抵のものは引き取って再生してくれることを知った。勇んでスーツケース一杯の衣料を2回ほど実家近くの両店に持ち込み、店で使えるクーポンと引き換えて大満足。父の着ていた服がゴミにならず、モップでもマットでも自動車の吸音材でも、なんらかの役に立つものに生まれ変わるなら、気分的にはもちろん環境にもいいと思えるではないか。

折しも仕事でサーキュラー・エコノミーの話を聞く機会があった。オランダではジーンズを販売ではなくレンタルするビジネスが成功しているという。なるほど、借り手から返却された使用済みジーンズから新しいジーンズを再生する技術なんて、すばらしい!

父の黒セーターとカシミアマフラーは私が有り難くリユース中。

だが待てよ・・・とも思った。衣類を回収し、繊維まで戻して他のものに作り替える、その過程でどれだけ多くのエネルギー(電力・ガス・燃料等々)が使われるのだろうか?おそらく水も大量に使われるんじゃなかろうか?昨日の新聞には、ユニクロのファストリは「ジーンズの加工工程で水の使用量を最大99%減らす環境対策を進めてきた」と書いてあった。逆に言えばそんなに減らせるほど大量に使っていたということだ。

リサイクルする過程で原材料の節減を上回るエネルギーや水を消費するなら、もったいないなどと言わず、全部まとめてゴミとして燃やしてしまった方がよほど「もったいなくない」はずである。もちろんどのメーカーさんも、その辺のプラスマイナスを計算した上でのリサイクルなのだろうとは思うが・・・

エネルギーや水の節減という意味では当然、リサイクルよりも原型のままリユースされる方がいい。古紙がトイレットペーパーに生まれ変わるより、古本が古本として読まれる方がいい。古着が吸音材やモップに生まれ変わるより、古着のままだれかに着てもらったほうがいい。そういう意味では、そのまま再販するのが前提のBOOK OFFのような店に持ち込むのがベターなのではと思う(売れないものはやはりウエスなどになる運命らしいが)。あるいは途上国向け等の支援物資として寄付するという手もある。実際に父の衣類の一部はそうやって寄付したのだが、これはこれで現地での産業育成の妨げになるという説もあって悩ましい。

でも、そもそも廃棄かリユースかリサイクルか迷うほど不要品が出るのがおかしい、とも言える。幸い服のサイズはこの40年変わってないんだから(ささやかな自慢)、傷む前に飽きちゃう、そんな買い物は慎みましょう。ねぇ、わたし。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中