自称ライターひとりごと

前回の記事で、「ネット上にはまったく読むに値しない情報が溢れている」などと書いたあと、「このブログなんていい例だ」と付け加えるべきだったかしばらく考えたのだが、それほど卑下したものでもないかと思ってそのままにしておいた。

このサイトは一応、仕事用の自己紹介とポートフォリオを兼ねてはいる。が、元はといえば約5年前、まだ役場サラリーマン時代に東京の知友人たちへ近況を知らせたいというくらいの動機で書き始めたブログだ。その体裁は3年前にフリーになった後も原則的に変えていないから、記事内容にライター稼業の広告宣伝的要素は全くない。実際、このサイト経由で知らない方から仕事の問合せをいただいたことなど、自慢じゃないが皆無である(笑)。

もちろんこの場で自分の主義信条を主張するつもりもなく、誰の毒にも薬にもならない(そういう意味ではまさに無価値である)、ただの下心のないエッセイとして気軽に読んでもらって、たまにクスッとしたりホロっとしたりしてくれたら御の字だと思っている。

それでも数字など引用するときは一応裏を取るし、(滅多に出さないが)固有名詞の確認も怠れない。そういうこともあり、書いて公開するまでにはそれなりに時間がかかるが、誰に急かされる訳でもないから、いくらでも寝かせて推敲できる。では本業の書き仕事はどうかというと、こちらも基本的には自分の納得いくまで文章を練る時間をもらえるケースがほとんどだ。(ちなみに最近は、「書いたもの」で紹介しているような署名つき読み物記事よりも、企業さん向けのコピーライティングやビジネスライティング、翻訳、編集リライトなど、黒子に徹する仕事のほうが圧倒的に多い。)

ところが、世の中の「ライティング」仕事の中には、ものすごいスピードで文章を量産するカテゴリが存在するようなのだ。たまにSNSで流れてくるライター募集の情報を見ると、「1本3,000〜5,000字、月10本以上、1文字2円」などという記事作成仕事があってビックリする。3日に1本5,000字を仕上げるとしたら、とても現地インタビューや背景・周辺の取材などしている時間はなかろう(それで1本1万円、月10万円だから、たぶん他の仕事もしないといけないだろうし)。自身の経験値と自宅での情報収集だけでコピペでないオリジナル記事を量産していくというのは相当なスキルだ。私にはとても真似できないと脱帽する。

が、脱帽するのは真に「相当なスキル」を持っている人ならば、だ。個人のブログならそれこそ何をどう書いても基本的には本人の勝手だが、曲りなりにも「メディア」を名乗るサイトの中にも、首を傾げるような、読むに耐えないコンテンツが少なくないのが現実である。これは下調べも裏取りも確認も推敲もする余裕なく、右から左へ書いては納めるしかないライターか数多いる(そしてそれをチェックできる編集者がいない)ことの証左だろう。

これだけ誰でもwebメディアを開設できるようになった時代、そこに特化したwebライターという専門職が発達するのは自然だろうし、専ら広告収入に頼るメディアならばライター報酬にも自ずと限度があるとは思う。この世界にも安かろう悪かろうはある程度当てはまるから、ネット情報はしょせん玉石混淆と割り切って、読む方のリテラシーを上げる方が正解なのかもしれない。

それにしても、どうもお手軽なフリー稼業(副業?)としてライターを自称する人が多いのにつけ込んだ搾取に近い仕事が野放しになっていて、結果ネット全体に「しょうもない情報」が無意味にあふれているような気がしてならないのだが・・・(それ以前に、SNS上で流れてくる広告投稿など日本語の間違いがひどいのも散見され、いちいち腹を立ててるオバサンは疲れてしょうがない)

まあ、本当に価値のある情報はきちんと対価を払って入手せよということだ。もちろん、中にはこれをタダで読ませてもらっていいのか?というすばらしいネット記事にも遭遇することはあるけれど、それは類稀な幸運と考えるべきだろう。ということで、新しい生活様式の中、昭和生まれのフリーライターはネット依存を減らし、紙の新聞購読を再開しようと考えているところである。

(写真は、いろいろ違う角度から眺めた会津磐梯山)

【追伸】ブログ更新お知らせは引き続きfacebook様などのお世話になりますが、気が向いた方ば直接ブログフォローしていただけますと著者はたいへん喜びますm(__)m