食べる瞑想

今般、国から10万円がもらえるという。私は今のところ、有難いことに家賃や光熱費が払えなくて困っているような状態にはないので、一定額を適切と思う団体に寄付した後、残りは地元の飲食店の応援に使うべく、先月からせっせとテイクアウトを試してきた。

AFYL4371とはいえ一人で食べられる量にはおのずと限界があり、おひとりさまはこの方面では大した貢献ができないことがほどなく判明。加えて、2週間ほど前から歯を悪くしてしまい、治療が終わるまでいつものような大食ができない状態になっている。

身体のどの部位でもそうだが、ふだんと違う状態になって初めて「ふだん」というのがどれだけ有難いことかを悟る。歯が欠けてできた隙間にモノが挟まって痛むので、一度に口に入れる食べ物の量を減らし、入れたらうまく左右に散らしつつ、隙間に挟まらない部分で慎重に咀嚼しないといけない。

おかげで食べている間は全神経を口内に集中することとなり、

・・・いま私は右で噛んでいる。
・・・いま私は左の4番で噛んでいる。
・・・いま私は舌と上顎で飯粒をすりつぶしている。
・・・いま飲み込める状態になった。

と、思いもかけずヴィパッサナー瞑想の実践になっている(笑)。

そもそも歯が欠けたのは寝ている間の噛みしめ癖のためだ。ずいぶん前から歯医者にいくたび指摘されてきたことで、歯を保護するため就寝中につけるマウスピースも十年以上前から持っているが、つい着け忘れて寝ることのほうが多く、大して役に立っていない。対症療法だけでなく噛みしめ癖そのものを治したいのだが、いま診てもらっている歯科医によれば、噛みしめはストレス発散であり、がんばって癖をなくそうとしない方がいいんだそうである。

IMG_E1835

しかしなあ。私のストレスレベルは、6年半前に「稼いでナンボ」の東京砂漠を離れて福島に来た時点で半分以下になり、3年前にフリーになった(=プチリタイヤした)ときから限りなくゼロに近いと思ってるのだが・・・。どうやらストレスというのは仕事のプレッシャーや人間関係だけから来るものではないようだ。

もともと家で仕事が基本、外食も稀な私にとって、昨今のステイホームも新しい生活様式も大した変化とは感じていないのだが、テレビやネットからの情報過多で知らず知らずストレスをためているのだろう。

実際ネットには全く読むに値しない情報が溢れている。いまや完全オフラインの生活など不可能だが、せめてSNSで流れてくる動画で時間をつぶすのは止めようと改めて心に誓う。(ちなみに、昔から一度は行ってみたいと思っているヴィパッサナー瞑想合宿は10日間の完全デジタルデトックスであるが、まだその機が巡ってきていない。「サピエンス全史」のユヴァル・ノア・ハラリが実践してるらしいので最近は大人気かもね)

ともかく早く歯が治って、家でも外でもまたモリモリ食べられますように!

ということで、10万円の残りは治療費に消える見込みであります。

(写真は、お気に入りのベトナム料理店のテイクアウトと、先月友人宅でごちそうになった手料理)