英検の勉強はじめてみた

OXJZ7206ゆっくり起床。ゴミ出しついでの散歩と軽い体操、もしくはヨガ風体操&瞑想もどき。ちょこっと掃除。ほぼ毎日同じ内容のブランチ。英検の勉強。読書。ちょこっと買い出しand/or 図書館。ついでにちょこっとお茶。合間にメールチェック。5時をすぎたら晩酌開始。ほぼ酒の肴のみで構成される夕飯。ちょこっと(で終わらないときもある)ゲーム。風呂。ちょこっと体操。読書。就寝。

このところ、仕事のない日の私のスケジュールはだいたいこんなものだ。幸い、週2回のアルバイト先は(今のところ)休業していないし、フリーの物書きの仕事も、今はヒマだが来月以降は(現時点では)そこそこ予定が見えている。だいたい昨年も一昨年も年度初めはこんなものであって、だから昨年比収入減を根拠とするナントカ給付金も申請できそうにないが、それでも自分は恵まれている方だと思う。

さて、この歳になってなぜ英検の勉強かというと、まずはボケ防止の頭の体操であり、とはいえまだ完全引退はできないので、この先もいくらか使うであろう自分の「英語力」というものをここらで再度客観的に示す資格を取っておくのも悪くないと考えたからだ。

実際に過去問や練習問題をやってみて、私の場合明らかに足りないのは、与えられたテーマに対し与えられたキーワード2つを使って120~150語で答える英作文の能力である。

  • 会社は年功ではなく成績に基づいて従業員の評価を行うべきか?
  • 日本の高校教育は改善されるべきか否か?
  • 日本の消費者は将来より多くの輸入品を購入するようになると思うか?

そりゃねえ、ケースバイケースでしょう。前提条件にもよるでしょう。そんな簡単に白黒言える問題じゃないでしょう・・・などと考えてはいけないのだ。実際に自分がどう思うかに関わらず、物事をかなり単純化して書ける論旨で書かないといけない。目下その訓練の最中である。

  • 今般のコロナウィルス禍のおかげで地球温暖化に歯止めがかかると思うか?

こんな質問が出たらどうだろう?少なくとも一時的にはそうだろうと思う。「コロナウィルス、地球温暖化」で検索すれば、すでに温暖化ガスの排出量が25%減ったのどうのという情報が出てくる。短期的に悪いことではなかろう。でも、ダイエット後のリバウンドと同じようにアフターコロナのリバウンドも恐ろしいことになる可能性は高い。

リバウンドを止めるには、人々の行動を制限する同様のパンデミックが繰り返し起こるしかないのか。その過程で何百万人が死亡しても、それは現生人類に対する自然淘汰の圧力と考えるしかないのか。あるいは、次のパンデミックの前に人々の心が変わり、なんでも24時間OKという生活様式が終わりを告げ、食べるものは地産地消で大部分まかなうようになり、今回のパンデミックで仕事を失った都市部の人々がみんな地方へ移住して農業に従事するようになったら・・・

いや、こんな作文ではダメなのはわかっている。ではどう書けば・・・

(写真は図書館の隣の県立美術館、その庭に咲くハナカイドウ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中