写真のないブログ

朝、カーテンを開けたら陽がまぶしい。快晴。なのに、彼方の吾妻連峰が今日は見えない。もったりとした綿帽子のような雪雲が里の方まで降りてきている。散歩に出たら案の定、吹き下ろしてくる風に仁丹のような氷の粒が運ばれてきて、ぷち、ぷち、ぷちと身体に当たった。

山の向こう、会津のほうは今年最後の雪か。それでも地球はちゃんと公転を続けている。

散歩コースの荒川土手は、この辺りで河川敷がだいぶ幅広になっていて、そこにかなり背の高い木々も生えている。何という落葉樹か知らないが、まるで広げた手のひらの動脈のように枝が下の方から分かれていて、今の時期、その毛細血管の先から薄緑色の小さく柔らかな炎がゆらゆらと育っていく。

まもなく、今は死んだように見える無数の下草たちも自然のままに青くよみがえり、鳥たちの格好の隠れ家になる。

それでも今年少し様子が違うのは、木々の根元に去年の台風で上流から流れてきた枝や蔓や根っこなんかが鳥の巣のように絡みついたままになっていることだ。「巣」の背丈はおそらく私のそれよりも高い。下草たちもなんとなく、下流にむけて身体を傾げたままになっている。この辺りでは幸い水が土手を越えることはなかったが、河川敷の背の低い草木たちは全身水の下で必死に土にしがみ付いていたのだろう。

東に向かって朝の土手を歩くと、まだ茂らない木々の枝を透かして荒川がきらきらする。乳白がかった薄青色の水面にラメを散らしたような光の粒が揺れるのは、晴れの日ならばいつものことだが、今日のような風の強い日はそのラメが、まるで川中を光る太刀魚が泳ぐかのように一直線に並んで動いたりする。

風景は穏やかな一瞬の連続だ。

今回は敢えて写真を使わずにおく。ふだん私が仕事で書く文章は人の話や会社の話、ブログで書くのも世間の話やたわいもない自分の経験話であって、こうして目の前の情景をただ描写するという作業はほとんどすることがない。今どきなんでもかんでも写真一枚載せれば済む。なんなら最近は動く画も使える。百聞ならぬ百文が一見に如かないのは当然であっても、一方でそうやって百の文章を紡ぐための語彙力表現力は確実に失われつつあると思う。

これからプロの作家になろうというわけではないが、人間いくつになっても目標は大事である。畏れ多くもかの石牟礼道子さんのような表現領域にほんの僅かでも近づきたいと、このたび性根の入れ替えを決心した。まずはいつもの荒川土手の風景で練習を始めてみた次第である。

いつもお読みくださっているみなさま、ありがとうございます。これからこういう投稿も増えるかもしれませんです。引き続きよろしくお付き合いいたけましたら幸いです。mm

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中