福島に住んでたらこんなこともある

借りている駐車場の大家さんから先週、めずらしく電話があった。片隅に埋めてあった除染土を掘り起こすので、隣の車を私の車にギリギリ寄せて停めさせてほしい、ということだった。それは構わないのだが、へー、除染土埋まってたんだ。

このあたり、福島駅の周辺も原発事故直後は一時的にけっこう放射線量が高かったと聞く。が、大家さんによればそれも一様ではなく、線路の向こう側の公共施設のあたりは高く、こちら側の地区は比較的低かったのだそうである。それでもやはり、この辺のビルはみな外壁を高圧洗浄し、駐車場や一軒家の庭は表土を剥ぐという「除染」をしたそうだ。

それで出た除染土(環境省的には「除去土壌等」という)を家々の裏庭の隅にビニールで覆って保管してあったことは、私も福島市に引っ越した4年前はよく目にしたので知っていた。が、そういうスペースがない場合は、こうやって敷地の地下に埋蔵保管してたのね。地上保管されてたやつは、そういえばいつの間にかなくなってるような気がするが、地下の掘り起こしは今ごろなんだ。

県内各地でこういう除染が行われ、それで出た除染土は、第一原発の近くに作っている「中間貯蔵施設」というところへ2015年度から搬入が始まった。会津地方などもっとも遠いところから運び出し始めて、これまでに福島市内の除染土も4割方は搬出が終わっているようだ(環境省サイト:福島市の搬出状況)。といっても、今回私の借りてる駐車場から運び出された除染土は、直接中間貯蔵施設に行くわけではない。まずは福島市内の仮置き場に持っていく。市に確認したところ、そこから令和3年度末(=2022年3月末、つまり2年後)までに搬出される予定なんだそうだ。仮置き場というのは地区ごとに作る前提らしいが、この地区に関してはつい最近まで仮置き場の場所が決まらなかったというのが、おそらく掘り起こしが遅くなった原因(の一つ)なのだろう。

で、今日がその大家さんが言っていた掘り起こしの日だった。作業自体はすぐ終わったようで、昼ごろ確定申告しに税務署へ行くため車を出す際は、何も問題はなかった。車で10分の税務署。1年ぶりだ。その隣はまた別の除染土仮置き場になっていて、黒いフレコンパックの山が否応なく目に入る。ここはまだ搬出されてないんだな。福島市街の真ん中、信夫山の麓、反対どなりは公園だ。最初見たときは異様な光景だと思った。数年たてば見慣れてはくるが、やはりコレが残っているうちは完全に「平常時」に戻ったとは言えないような気がする。

仕事で浪江町方面へ行くときは国道114号という山越え道を通るのだが、ここは中間貯蔵施設への搬入が本格化した一昨年くらいからいつも、「除去土壌等運搬車両」の目印を付けたダンプがたくさん走っている。車線のない道をすれ違うのに最初は多少怖かったが、私の知る限り乱暴な運転の人はいないし、可能な限り道も譲ってくれる。何よりこの運転手さんたちがいなければ除染土搬出はできないのだから、個人的にはむしろ礼を言いたい気持ちである。が、やはりこれは一種「異常な」道路状況なんじゃないかと思う。

福島県はいまだに「復興」という言葉をよく使う。でも、何がどうなったら「復興した」と言えるのか?あまりその辺の突っ込んだ議論は聞かない。まずは県内の除染土フレコンパックの山がぜんぶ中間貯蔵施設に運び込まれて、生活道を除染土運搬ダンプが通らなくなって・・・そこで少なくとも浜通り地方以外の福島県の「復興プロセス」はひとつの区切りを迎えるとは思うが、それで終わりというわけでもない。

その浜通りでは来月、いよいよJR常磐線が全線再開通する。双葉町でも来月初めて一部の避難指示が解除される。一歩ずつ進む。でも、帰還困難区域はまだまだ残る。旧避難区域の居住人口はまだまだ戻らない。自治体はまだまだ通常の課税に戻れない。原発事故の後始末はまだまだ終わらない。

今日うちの前で、掘り出したボロボロの土嚢を淡々と軽トラックに積み込む作業員を見ていて、あらためて難儀だなあと思った。もちろん、私はそれを理由にこの地を去る気はまったくないので、life in fukushimaはこれからも淡々と続きます。

(写真:除染土を掘り起こして埋め戻した後の駐車場と、全然関係ないけど昨日立ち寄った日帰り温泉施設に飾られていた吊るし雛)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中