初めて十和田と山形へ行ってきた

ひと月ほど前の話になるが、「大人の休日倶楽部パス」というものを初めて利用してみた。4日間、JR東日本のフリー区間が何度でも乗り降り自由。もちろん新幹線も乗れるし、指定席も6回までOK。それで15,270円であるから、普通の「大人の休日倶楽部ミドル」の5%割引で福島ー東京を1回往復する(16,280円)より安い。だから、これを利用して実家に帰るだけでもお得なのだが、人間とは欲の生き物である。4日間乗り放題と言われると、東京往復だけじゃ勿体ない。どうしても4日間毎日新幹線で遠出しないと損した気がするのだから、我ながら浅ましい。

実際さすがに4日間毎日は無理だったが、2日間を使って、初日は八戸からの十和田往復バスツアーに参加、2日目は山形市内をぶらぶら歩きに行ってみた。どちらも人生初だ。十和田も山形もふつうは雪国のはずだが、暖冬の今年は本当に雪がなく(少なく)、歩きやすくていいような拍子抜けするような、おかしな感覚ではあった。

以下、めずらしくフォトレポートでお届けします。

▲十和田の町中はこんな感じ。1月半ばでこれ?雪マジ少ない。

▲こちらは十和田現代美術館。大変良かった。展示もほとんどが静止画撮影OKなのが太っ腹。

▲奥入瀬の入口も雪はこれしかなかった。例年の半分以下だそうな。
▲馬門岩の氷瀑。雪は少ないけど気温は低く、ちゃんと凍っていた。
▲十和田湖はどこまでも静かであった。このあと星野リゾート奥入瀬渓流ホテルで温泉ひとっぷろ。

▲翌日の山形市。文翔館(山形県郷土館)はけっこう見ごたえあり。なのに無料でこちらも太っ腹。

▲山形市街ほぼすべての植込みに施されていた雪囲いは、この時点(1月中旬)ではまったく不要であった。
逆に、普通の年ならこれほど必須なのねということが知れて勉強に。
▲山形日帰りの目当ては「ひっぱりうどん」。香味庵まるはちさんではちゃんと旅行者向けの「山形づくし」があった。イモ煮、こんにゃく、漬物寿司がセット。大満足。

こういう「お得な切符」が使える年齢になったら積極的に地方へ出かけ、できる範囲でお金を使うことは、ある意味でミドル世代・シニア世代の義務のような気もする。もっとも、往復はJRで現地バスツアーは大手代理店手配、泊まる宿も全国展開の大手ホテル、というのでは地元は大して潤わないわけだが、それでも「人が訪れる」ことで現地にも何某かの効果はあろう。鉄道会社とてホテルチェーンとて、各地域が元気でなければいずれ彼ら自身がビジネスを失う。それが分かっているからこその「お得な」ディールなのだから、使う方もそういう理解で使いたいものだ。

ということで、福島でもお待ちしております!^^