気づいたらこうでした

師走が来た。年が明ければ福島県に来て丸6年になる。もとはと言えば1年少々の「お試し地方暮らし」のつもりだったのにねえ。まあ、「復興支援」の文脈で東北にやってきた人々の間では、決して珍しくないパターンではある。6年のうち3年2か月は公務員。フリーランスになってからは、早や2年10か月だ。

先日、中小企業庁から「商品または役務(サービス)を提供している事業者」宛ての調査票が届いた。あら、誤配かしら?と思ったが、そういえば私は個人事業主という立派な「事業者」なのであった。 フリーランスというカタカナ英語にはなぜかある種のオチャラケ感がつきまとう(ような気がする)が、事業主を英語で言えばビジネスオーナー。そうか、私って起業したわけね? しかもいちおう移住組だし。いま流行りの「移住起業者」ってことじゃん、ワタクシ。

主に首都圏から「移住して起業する人」を、地方自治体はどこも「起業型地域おこし協力隊」などの名目でたくさん誘致・育成しようとしている。ただ呼ぶだけでなく、物心両面のサポートの仕組みを充実させているところも多い。でも私は基本ぜんぶ自力だったよなー(笑)

もっとも、フリーライターなどという仕事は雇用も生まないし、仕入れもしないし、人も呼ばないし、地域経済への貢献はミニマルだから、行政としては支援してまで増やしたい人種じゃないのかもしれない。移住して、「起業もいいけど何より子ども産んでほしい」というのが自治体の本音ならば、四十路五十路の移住者はなおさらノーサンキューなのだろう。

だけど、若くて元気な20-30代の起業志望者以外にも、私のような世代の「気づいたら移住起業者」予備軍のサラリーマンは、大都会には数多いるはずだ。まだ引退するには早いが、宮仕えはもう卒業したい、そして経済的にプチリタイヤも可能な(=収入が多少減っても何とかなる)層である。

ワタシら、たとえ域内生産の足しにはならなくても、 たとえ長期の人口減少対策には寄与しなくても、 ここで暮らせば消費もするし少ない収入なりに税金も払う。まだけっこう残っている気力体力能力を使って、多少なりとも人の役に立つことができるかもしれない。地方創生も、もうちょっとそういう予備軍をターゲットにした政策があってもいいんじゃないかしらん?(もちろん、プチリタイヤどころかちゃんと会社を作って正真正銘起業してる中年移住者だっているが、それを目指すのはかなりハードルが高い。そこまで行かない私のようなフリーのユル起業も含めればもっと裾野が広がるはずという意味だ)

ってこれ、ミッドライフクライシス世代の一種の僻みかしらね(笑)

(写真は郡山のカフェBranch にて)