こんな日もある

老親の様子を見がてら月に一度のペースで帰京(上京?)する。往復の新幹線はたいてい最速のやまびこ号に乗るが、どういうわけか福島に戻るときは各駅停車のなすの号でゆっくり行きたい気分のときが、たまーにある。

△福島市街を走る東北新幹線△

在京の学生時代・前職時代の知友人と久しぶりにしゃべり倒した後などは、たぶん余韻を楽しみたいというか、福島という今の私の現実世界に戻る前に何かワンクッション必要なんだろう。世の中のお父さんたちが真っ直ぐ家に帰りたくない気持ちって、こういうことなのかしらん(笑) 私の場合は誰にも邪魔されない一人だけの快適な空間が待っているわけで、決して帰りたくないわけじゃないんだけどねぇ。

今回もそんな感じで、17時のやまびこに余裕で乗れたところを敢えて17時12分のなすのに乗った。福島まで2時間弱のくつろぎタイム、セブンより美味しいと聞いたローソンのバスチーとLサイズのカフェラテを持ち込んで、準備は万端だ。

いつも自由席だが座れなかったことはない。この日も10分ほど並んで問題なく2人がけの窓際をゲットはしたが、へー、この時間のなすのってけっこう混んでるのね。東京から45分の小山ではホームのエスカレーターに並ぶほど人がたくさん降りていき、こうやって新幹線通勤してる人は多いとんだなと知る。

バスチーを平らげ(たしかにローソンの方が私好み)、ラテを味わい、スマホをいじってるうちに宇都宮を過ぎた。さて、ちょいとウトウトしようかな……

△下り東北新幹線は福島駅を出るとすぐ信夫山トンネルに入る△

と思ったら、なんと「次は終点」のアナウンス。へ?那須塩原止まりなんてあったのか。なすのは全部仙台まで行くものと勝手に思っていて、乗る前にちゃんと行き先を確認してなかった。アホや。

仕方なく人生初の那須塩原駅前で下車。次の各停仙台行きが来るまで30分近くある。カバンに読み終えた軽い本が2冊入っているが、再読する気にはならない。そうだ、さっきデザート食べちゃったけど夕飯はまだだ。遅くなりそうだから那須塩原スペシャルの駅弁でも!と思ったら「当駅では駅弁のお取り扱いはございません」。…onz

この駅にはそういう状況の乗客も多いのだろう、那須高原玄関口のリゾート駅だとばかり思っていたが、待合室は明らかにリゾート帰りではない人々でけっこう満席。みんな手持ち無沙汰にスマホをいじっている。

結局、17時の最速やまびこに乗っていれば18時半に着いたものを、1時間以上遅れて19時40分に福島駅到着。真っ直ぐ帰りたくないついでに、久々の一人うまか亭(しかも飲まなくてもいいビール付き)で余計な散財までしてしまった。

ま、こんな日もある。

なすの号に乗りたいときは、東京でたくさんインプットがあって脳がいっぱい刺激を受けた証拠だ。悪いコトじゃないから懲りずに乗りたい。だけど行き先はちゃんと確認しようね、ワタシ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。