何を学ぶか

生まれて初めて災害ボランティアというものを体験した。これまで身近な場所で募集されたことがなく(たぶん)参加の機会がなかったというのは、思えばラッキーなことである。

各地に被害をもたらした台風19号、福島市内でも私の家からさほど離れていないエリアがかなりの深さで浸水した。テレビでは見ていたが、初めて現場に入って人の身長よりも高いところに水の跡が付いているのを見ると、本当に恐ろしいと感じる。この地区では津波のように家ごと流される被害はなかったのが不幸中の幸いで、水が引いた後の家々は一見ふつうに建っているのだが、中はものすごいことになっていた。

▲左側の建物のさらに左手が川。この狭い道路は水没し、かさ上げしてある家も1階の半分くらいまで浸水した。

この日の活動は主に、1階の鴨居付近まで水につかったお宅の片付けを2軒。めちゃくちゃになった部屋の中にあるものをとりあえず全て外に運び出すのだが、その過程で図らずも、そのお宅の生活の全てが見えてしまう。

家具や家電、食器や衣類はもちろん、泥まみれの中から出てくる細々したものたち。明らかにお仏壇の中にあったものや、きっと大切であろう写真類などはすぐに見分けて家主に渡せるも、他のものは基本的には全部まとめてゴミ袋に入れるしかない。その中にだって持ち主の思い出が詰まった品々はたくさんあったのだろうが・・・

▲大森川。増水した阿武隈川に合流できず、土手が崩落したという。

そして、泥水を含んだ畳がこれほど重いとは。古いお家なだけに、最近よくあるナンチャッテ畳ではない。本物のイグサの立派な江戸間サイズだ。一枚運び出すのに若い男性でも4人がかりである。絨毯もしかり。個人的には最近やっと和室の良さが分かってきたところだったが、こうなるといちばん楽なのはやはりフローリングですね、としか言えない。

この日のボランティアは、福島大学の学生グループをはじめ総勢30人以上。平日にもかかわらず若い男性も少なからずいたおかげで、五十路のおばさんは比較的軽いものの片付け担当で済んだ(それでもかなり腰にきて翌日は使い物にならなかった・・・情けない)。が、これが高齢者ばかりの集落で若い男手が来なかったら、本当にもうお手上げであろう。

他にも主要国道が土砂崩れや路肩崩落で通行止め、ローカル鉄道は運休。私にとっては、自分の生活圏内で経験する初めての大規模自然災害となった。それでも私個人の生活に全く支障を来していないのは、幸運以外の何物でもない。

▲この規模の浸水ではおそらくほぼ役に立たなかった土囊。

福島県内の被災地は、もちろん福島市だけでなく各地で似たような状況だ。浜通りの一部ではいまだに断水も続いており、一日も早い復旧を願うばかりである。

農産物の被害も恐ろしことになっているはずだ。一年間丹精込めた作物が一晩でダメになる切なさ。しかも、台風は地震と違って来るのが分かっていながらほぼ為す術がない。素人でも想像するだけで心が潰れる。

この規模の台風は今後、増えこそすれ減ることはないのだろう。せめて日本付近を通らないよう祈るしかない。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。