月別アーカイブ: 2019年4月

「開いててよかった」

コンビニの24時間営業見直しが話題になっているが、私の身近には数年前からずっと”時短営業”してるコンビニがある。

2014年夏、(原発事故のため)まだ全町に避難指示が出ていた浪江町で小売店の再開第一号としてローソンが開店した。私が浪江町役場に入職して1年目のことだったからよく覚えている。

避難指示とは、日中の立ち入りはOKでも寝泊まりはできないということ。除染や復旧作業などで町で働く人々も、夕刻には町外に出なければならなかった。そのローソンも当初たしか午後4時くらいで閉店してたと思う。それでも昼間町内で飲み物食べ物が買える!というのは素晴らしく有り難いことであった。

私の勤務先は役場の(避難先の)二本松事務所だったので、別に普段の生活に不自由があったわけではない。が、たまに仕事で浪江町へ行ったとき、ローソンが再開する前は、小腹が空いても絆創膏を買いたくてもお金を下ろしたくてもガマンしなければならないという経験をした。ローソン再開後も、うっかり閉店時間に間に合わないと同じことだった。

浪江町はその後一部で避難指示が解除され、人が住めるようになっている。店も少しずつ増えてきた。現在の居住人口は1000人足らずのようだ。が、2店に増えたコンビニは現在でも夜8時に閉まる。

不便だろうか?おそらく。

でも個人的には、あのとき「ガマン」という経験をさせてもらったことを有り難く思う。

欲しいものが欲しいときに手に入らなければ、あるもので済ませる。手に入るときまで待つ。幸いなことに私はそれで飢え死にする状況にはない。

「開いててよかった」の意味を心底理解できたことに感謝。

今日から始まったこと3つ

今日から始まったこと(その1):桃の花摘みバイト。友人の実家の果樹園でバイトさせてもらって早3年目。くだもの王国である福島市に引っ越して3年経ったということだ。草花も樹木も、花を咲かせるのは1年に1度だけ。今の私にとっては桜より桃のほうが季節の巡りを感じさせてくれる花である。

剪定で落とした枝を2,3本もらってきて活けた。きれいだなと思うのは私が短期のお気楽バイトだからであり、これが桃農家なら「家に帰ってまで見たくない」のかもしれない(笑)。

WUVJ3126 (2)今日から始まったこと(その2):福島第一原発の3号機で使用済み核燃料プールから燃料取り出し。19時の全国ニュースで一応やってたけど、今度は世の中あんまり騒がないみたいだ。5年前の4号機の燃料取り出しのときは、危険すぎる!絶対失敗する!みたいなのが国内外からいっぱい発信されていたのにねぇ。なぜ覚えているかというと、私がちょうど浪江町役場(の二本松事務所)に応援に入る予定の最初の1年間が、4号機の取り出しの1年間と重なってたから。あれだけ騒いで不安を煽っておきながら、無事終了したときには大した報道もなかったと思う。

そういえば、(除染で出た廃棄物を搬入する)中間貯蔵施設の用地買収がなかなか進まないというニュースも、3年くらい前までさかんに報道されていたと記憶する。2300人いる地権者のうちまだ数パーセント?どうすんのこれ?と絶望感を煽られるような気がしたものだが、いつの間にか買収の契約済みは7割を超えている。ちゃんと「その後」も報道してほしいよねと思うが、それも私を含めた視聴者・読者の関心を反映しているだけと言われればそれまでだ。

今日から始まったこと(その3):これはオマケだけど、自宅の春夏用ワークスペース。秋冬はエアコンのある南向きリビングの一角で仕事しているが、暖房の要らない時期は北側の部屋に置いた本来のワークデスクに戻る。5日前には満開の桜にうっすら雪が積もった福島市内だが、明日からは最高気温が20度超えらしい。

季節は巡る。そして生き物は出来事を忘れ、歳をとる……