日帰りで樹氷を見に行けますよ

タイトルを「life in fukushima」にしてしまったので、このブログにはなんとなく福島県に関することしか書いてはいけないような気がしていたのだが、改めて考えれば別に県内の話題に限る必要はないんでないの?

と気づいたのが割と最近のこと。なので、たまには「福島に住んでると(県外だけど)こういうところにも気軽に行けるよ」的なお話も披露させていただこうと思う。

この連休中に行ってみたのは、おとなり宮城県の蔵王だ。福島市街の自宅から車で2時間あまりで行かれる。去年の夏には有名な「お釜」を見に行って、帰りは蔵王温泉を堪能する日帰りドライブをした。福島の山も温泉も良いが、宮城だって素晴らしい温泉があるのだよねぇ。それ以来、蔵王は私にとって身近ですてきな観光地になっている。

もっとも、ウィンタースポーツ一切しない、寒いのキライ雪キライな私にとって、いくら温泉が素敵でも冬の蔵王に用はないはずだった。だが、ふと手にしたチラシに「絶景の蔵王樹氷号」というバスツアーの案内が。そうだ、寒いからと家にこもっていたらいかん、いっそ寒さと雪を積極的に楽しもうではないか、と参加する気になったのである。

仙台駅から観光ガイドさん付の大型バスに乗り、途中1時間弱のランチ休憩を挟んで3時間で蔵王温泉街に着く。そこからロープウェイを乗り継いで、標高1661mの地蔵山頂駅に降り立つと・・・

qscp3622

真っ白でほとんど何も見えない(笑)。パンフに載っているような、青空の下にくっきり浮かび上がったスノーモンスター(樹氷)たちの姿は残念ながら見られなかったが、それでもスキーやスノボに全く縁のない私にとってこの白銀の世界はまさに非日常。あたりは真っ白でも幸い吹雪いてはおらず、近づけばモンスターたちの豪快な姿も写真に納めることができた。

tkur0434

ucuk3564「どうせ寒いところにいるなら、いっそ寒さと雪を積極的に楽しもうではないか」という発想のもとに参加した雪国ツアーは、実は福島に来てこれが初めてではない。3シーズン前は福島県の最奥地、只見の雪まつりのバスツアーに参加したことがある。そのときの正直な感想は、あまりに寒すぎて「一度は見ておくべき風景だけど一度でいいかな」であった。(住んでいる方、ごめんなさい)

そして今回の樹氷の感想は・・・うーん、やっぱり一度でいいかな(笑)

連休中だったこともあってかスキー場は人がいっぱい。話には聞いていたが本当に外国人であふれていた。ロープウェイも東京の通勤電車を彷彿とさせるギュウ詰めで、閉所恐怖症気味の私は軽くパニックになりそうだった。もしもっと空いていて、そしてもっと晴れているときだったら、また来たいと思うかもしれないけれど・・・

帰り、これまた人でいっぱいの仙台駅ビルをブラプラしていると、蒲鉾屋さんのイートインコーナーを発見。つい一杯(3杯)飲んでしまう。福島の日本酒もいいけど、宮城にもおいしいお酒があるのだよねぇ。ほろ酔いで新幹線に乗れば、眠る間もなく20分で福島に到着。人が少なくてホッとする(笑)。

img_e6611仙台市の人口は108万。震災後に増えたと聞いたが、改めて統計を見てみるとその前からずっと右肩上がりなのであった。かたや福島市の人口は去年ついに28万を切った。東北で不動産投資するならやっぱり仙台だよなと思いつつ、その仙台にほど近く、東京からもそう遠くなく、かつ混雑していない我が福島市こそ穴場なのでは?と独りごちているのだが。

移住生活 ブログランキングへ

広告

福島生活6年目にして

あー、終わった。すべてがイレギュラーになる「年末年始」という特別期間が終わると、毎年心からほっとする。

大晦日と元旦は、福島に来てから初めて 実家に帰らず一人で過ごした。ボッチの年越しを気恥ずかしく思うような年齢はとっくに過ぎている。十何年ぶりかで紅白歌合戦を見て、誰にも気兼ねせずテレビと一緒に歌って踊れたのもボッチならではだ(笑)。それにしても最近やたらと何でも「平成最後」という枕詞が付くが、去年の紅白は平成というより昭和を締めくくるにふさわしい内容ではなかったか。

年明け。今年は小売業界も元旦だけは休みにするところが増えたと聞いたが、福島駅前周辺ではイトーヨーカドーのみならず、福島県観光物産館も元日から元気に営業していた。従業員の方々は大変だなーと思いながら、ラウンジにていつもの日本酒飲み比べ。だれとも話さない静かな一日は翌日からしばらくお預けだから、 ちょっと贅沢に焼ウニをつまみながら一人まったりと過ごす。

そして正月2日から1週間の帰省中は、例年のごとく実家の掃除と久しぶりに会う友人たちとの楽しい会食に明け暮れた。東京の外食シーンは本当に贅沢だ。福島ではなかなか食べられないオーセンティックなアジア料理が食べたくて、北インド、カンボジア、四川、モロッコと堪能し、その合間には福島にはない横文字のカフェで長いカタカナ名のドリンクをいただく。どれも確かにおいしかったが、財布はものすごいスピードで薄くなっていくのだった。

▲古き良きアンコールワット@代々木▲

実家の母はもう料理らしい料理をする体力がないので、家での夕飯はもっぱら出来合いの総菜である。帰省している娘が作らないのかと言われればその通りだが、普段使わない台所で普段使わない道具と具材と調味料で料理するというのは、結構シンドイのである。そもそも両親の食べたいものと私の食べたいものはほぼ一致しないので、それぞれが食べたいおかずを買って帰るのが合理的なのだ。それでも福島土産の日本酒だけは多少は一緒に楽しめたから、良しとしたい。

というわけで、今年も飽食まみれの「年末年始」特別週間を無事終えて、福島に戻って来たら、年末に降った雪が日陰にはまだ残っていた。なんだか1週間が夢みたいだ。再び静かな日常に戻る。

最初にやったのは、lifeinfukushima.comというドメインネームを買い、ついに仕事用のメルアドを作ったことだ。こんなネームを使い始めたら、私はもう福島から引っ越せないではないか!という心の声はノマド志向の私の半身から。もう半身は、「今度こそ逃げないで腰を落ちつけよ」「凡人にとっては継続だけが力なり」と言っている。(「継続だけが力なり」は年末に人から聞いて得心した言葉)

というわけで、この福島生活ブログもlifeinfukushima.comとURLを若干変更し、この先しばらく続くのであります。今年もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。m(__)m

ポチしていただくと、いいことがあるらしいです。よろしくお願いします↓

移住生活ブログランキングgif

移住生活 ブログランキングへ