たかがCM、されどCM

ちょうど2年くらい前、いまのアパートに入居した翌日だったか、まだ荷物も片付かないうちに玄関がピンポンと鳴り、NHKの人が立っていたのには恐れ入った。当時はまだ東京のマンションで受信料を払っていて、一人で2か所居住状態だったから、一度に両方では絶対見られません!と事情を説明して福島のほうは免除してもらった記憶がある(その後こちらに契約住所変更したが)。

ちゃんと受信料払っているから、というわけではないが、大人になってから見るテレビはもっぱらNHKだ。民放のバラエティ番組みたいのはあんまり面白いと思わないし、なによりコマーシャルがうっとうしい。もっとも、NHKでも演歌番組が始まると他のチャネルをザッピングすることはあるが、結局すぐに消してしまう。

でもこの正月明け、たまたまどこかの民放番組が面白くて1時間以上見続けた。すると当然コマーシャルが頻繁にはさまる。久しぶりに見るCMって、実はけっこう新鮮であった。いろんな資源と手間暇とプロの技が凝縮された15秒。まさに「作品」だなあとあらためて感心するものもあった(でもあんまり頻繁だとやっぱりうっとうしいが)。

そして、そういう車とか食料品とかの華やかなCMに交じって出てくる、地味な「静止画CM」とのギャップがまた新鮮。ローカルでしか流れない地元企業の「動かないCM」、そういえば、子供のころ神奈川テレビをつけると、たいていコマーシャルは静止してたっけか(今はどうなんでしょう)。

NHK福島のニュースでは、天気予報と同じノリで、「それでは今日の各地の放射線量です」というコーナーがあって最初はおどろいた。東京の新聞では福島第一原発が事故後どうなってるかなど、もうほとんど報道されないが、福島の地元紙にその話が載らない日はない。沖縄の地元紙に米軍基地の話が載らない日がないのと同じだ。東京を離れて「別の場所に来たな」と感じる機会のひとつが、こういうメディアの情報の違いに触れたときである。ローカルCMは見逃していたが、それも地方暮らしの「味わい方」のひとつかもね。

広告

しんじ君の入院

12月は動画サイトでフィギュアスケートを見すぎてwifiの速度制限がかかってしまい、下旬はほとんどPCからネットに接続できず。スマホで長い文章を入力するのはいまだにストレスを感じるので、ブログの更新もしばらくお預けであった。

で、その間のできごと。

イナカ=車社会では、人との待ち合わせ場所は街中の駐車場だったりする。12月下旬のある日も、某所の駐車場に愛車しんじ君1号を置いて友人の車に乗り換え、ランチに出かけた。で、2時間後に帰ってきたら、女性と警察が待っていた。バックでぶつけてしまったといって、大変申し訳ながっている。たしかに左前が少々ペコリとなっており、全体が心もち傾いでいる。

まあ、13歳の軽自動車しんじ君はもともとたいへん華奢な造りなので、このくらいの凹みなら私がゲンコツパンチしてもできるかな、とは思ったが(できないよ)、事故は事故だ。ちゃんと弁償はしてもらわねばなるまい。でも、彼女もわざとやったわけじゃないし、腹を立ててもしょうがない。それどころか、当て逃げしようと思えばできたかもしれないのに、ちゃんと警察を呼んで私が戻るまで待っていてくれたなんて、かえって感動すら覚えてしまった。

幸い、走行には当面問題なさそうなのでそのまま修理にもっていき、相手の保険会社ともすぐ連絡がとれて、すべてはスムース。レンタカーしてくれた代車はハイブリッドの普通車で、悪いけどしんじ君の数ランク上である。数日後にいわきに行く予定だったが、おかげで快適なドライブとなった(しんじ君は高速を走ると青息吐息になってしまうので、片道2時間以上かけて下の道で往復するつもりだったのだ)。

DSC_1550

前回、故障修理中に車屋さんに出してもらった代車もたまたま立派な新車でラッキーだったが、1週間くらいかかるといわれた修理がわずか1日で終わってしまい、シンデレラ生活はすぐに終わった。今回は、レンタカーなので車屋さんも心配ないのと、年末年始を挟んだこともあって、しんじ君は3週間近くたった今もまだ入院している。早く帰ってきてほしいような、ゆっくりしてきてほしいような…(笑)

(写真は、いわきの水族館「アクアマリンふくしま」にて)